• TOP
  • 国際情報
  • 北朝鮮は“最強の制裁”受けながらなぜICBM開発できるのか

国際情報

2018.05.20 07:00  SAPIO

北朝鮮は“最強の制裁”受けながらなぜICBM開発できるのか

パナマで拿捕された北朝鮮貨物船からは分解された「ミグ21」などが見つかった Reuters/AFLO

 国連制裁にもかかわらず、北朝鮮は核開発に邁進してきた。制裁が抜け穴だらけだからだ。制裁違反を捜査してきた国連安保理 北朝鮮制裁委員会 専門家パネル元委員の古川勝久氏は、著書『北朝鮮 核の資金源』でその実態を明らかにした。

 * * *
 国連安全保障理事会で10回にわたって採択された北朝鮮に対する制裁決議は、加盟国が大量破壊兵器に関連するヒト・モノ・カネを北朝鮮と取引することを厳しく制限する。これらは法的な拘束力を持ち、「最強の制裁」と称される。

 それなのになぜ、北朝鮮は核兵器や米国に届く長距離弾道ミサイル(ICBM)を開発できるのか。答えは、北朝鮮が巧みに制裁逃れを遂行することと、それを見逃す関係諸国があるからだ。

◆“秋葉原の部品”がミサイルに

 2011年10月から4年半にわたって、私は安保理決議の履行を監視して決議違反事件を捜査する「専門家パネル」の委員として、様々な制裁逃れの現場を目撃した。

 北朝鮮は石炭など質の高い天然資源に加えて、旧ソ連製の兵器を密輸して核・ミサイルの開発資金を稼ぐ。安価な兵器は紛争の多発する中東やアフリカで需要が多い。旧式兵器のため補修サービスを提供できるのは同じくそれらを保有する北朝鮮くらいで、メンテナンスも有力な外貨獲得手段となっている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス