スポーツ

栃錦、若乃花、大鵬──大横綱たちの潔い引き際

大鵬の断髪式(共同通信社)

 角界の最高位である「横綱」の地位は重い。横綱らしい相撲が取れなくなれば、選択肢は引退しかない。かつての大横綱たちの引き際は、今とは比べものにならないほど潔かった。

 たとえば、後に理事長まで務めた第44代横綱・栃錦は、“惜しまれながらの引退”を選んだ。

「1958年後半に不調に陥りましたが1959年3月場所で復活優勝を果たし、“奇跡”と称賛された。それから1960年3月場所までの7場所で優勝3回、95勝10敗という成績を収め、“第二の黄金期”といわれた。ところが、翌1960年5月場所で平幕の時津山と安念山に連敗すると、スパッと引退を決断した。当時、栃錦は35歳で、現役続行を望む声も多かったが、師匠(元横綱・栃木山)から横綱昇進時に“引退する時は桜が散るごとく、みなに惜しまれつつ潔く……”と教え込まれていたので、それに従ったといわれている」(ベテランの相撲ジャーナリスト)

 栃錦とともに「栃若時代」を築いた第45代横綱の初代若乃花も同様だった。1960年9月場所の10回目の優勝を最後に賜杯から遠ざかると、1962年3月場所の初日に当時・小結の栃光に敗れたところで引退を表明した。

「若乃花はとりわけ、地位に対する責任感が強い力士だった。“八百長に投げはない”が口癖で、左四つからの右上手投げを得意としていました。ただ、衰えたといっても、引退直前の場所には11勝をあげています。序盤で黒星を続けては途中休場を繰り返す今の横綱たちとは全く違っていた」(同前)

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン