• TOP
  • 国際情報
  • メーガン妃の結婚式、各所にダイアナ元妃への思い溢れる

国際情報

2018.05.24 07:00  女性セブン

メーガン妃の結婚式、各所にダイアナ元妃への思い溢れる

ダイアナ愛溢れるロイヤルウエディングだった(写真/gettyimages)

 1937年、時の英国王・エドワード8世が離婚歴がある女性との愛を貫いた「王冠を賭けた恋」以来、80年ぶりとなった英王族と、米国人女性との結婚──。エドワード8世の曽姪孫にあたる、ヘンリー王子(33才)もまた、離婚歴のある米国人女優・メーガン妃(36才)との愛を成就させた。

 エドワード8世は「国より女を選んだ」と国民から批判を浴びたが、今回は世界中の人々が憧れるロマンチックなロイヤルウエディングとなった。

 5月19日。ふたりの門出を祝福するような青空のもと、人口約3万人のウィンザーという小さな街には、国内外から約13万人もの王室ファンが駆けつけ、熱狂に包まれていた。 挙式会場は王室公邸ウィンザー城内にある、聖ジョージ礼拝堂。緊張の面持ちの新郎ヘンリー王子は、新婦メーガン妃の花嫁姿を確認するやいなや、目を潤ませた。

 挙式後に披露する“ロイヤルキス”でも、“ロイヤルパレード”でも、終始笑顔で王子をリードしていたかに見えた“新プリンセス”のメーガン妃。しかしそんな彼女もまた、パレード終盤には目頭を押さえるシーンも。

 なぜならふたりの愛が結実するまでには、数々の困難があったからだ。2016年に交際が発覚すると、メーガン妃の経歴や家柄が次々と報じられ、ふたりに逆風が吹いた。英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さんが解説する。

「メーガン妃が離婚経験を持つことやセミヌードやベッドシーンを披露している女優であることなどが批判の対象となりましたが、それ以上に英王室が反応したのが、両親の肌の色。メーガン妃は父親がアイルランド系オランダ人で、母親はアフリカ系アメリカ人という黒人のハーフ。英王室は“黒人プリンセス”を認めようとはしなかった。しかも両親ともに自己破産していることも問題視されました」

 しかしヘンリー王子はエドワード8世同様、「王族を離脱してでも一緒になりたい」と主張した。

「父・チャールズ皇太子は初恋の相手であるカミラ夫人と結婚したかったのですが、彼女には複数の男性との交際歴があったため、猛反対にあって断念しました。プリンセスは“純血”でなければならない、というしきたりがあったからです。そこでダイアナ元妃がプリンセスに選ばれましたが、結婚後もチャールズとカミラ夫人との不倫関係は続き、ダイアナ元妃とは離婚。その後非業の死を遂げたのは周知の事実です。

関連記事

トピックス