• TOP
  • ライフ
  • 黒ずみ、黄ばみ…強固な汗ジミを落とす“奇跡の洗剤”の作り方

ライフ

2018.06.06 07:00  女性セブン

黒ずみ、黄ばみ…強固な汗ジミを落とす“奇跡の洗剤”の作り方

“奇跡の洗剤”を汗ジミ部分にしっかりこすりつける

「襟や袖について、黒ずんだり、黄ばんでしまった汗ジミ。実は特別にブレンドした洗剤を使えば、簡単に落ちるんです」

 とは、シミ抜きの達人である東京のユニクリーニング店主・宇井直樹さん。

 用意するのは、そのオリジナル洗剤と歯ブラシ、タオル、そしてスチーム付きアイロンだ。

 奇跡のオリジナル洗剤の作り方は、以下のとおり。
【1】液体の台所用洗剤=油に強いので皮脂汚れに最適
【2】粉末の酸素系漂白剤(アルカリ性)=油やたんぱく質を分解し、漂白
【3】液体の酸素系漂白剤(酸性)=【2】の漂白力を活性化

 上記3つの洗剤を同じ分量ずつ加え、混ぜ合わせる。混ぜた直後に起きる化学反応が洗浄力となるため、作り置きはできない。その都度作ろう。

 まずは、汚れの下にタオルを敷き、洗剤をつけた歯ブラシを汚れの表面に当てて、縦横の両方向からしっかりとこする(写真参照)。次に、服の数cm上からアイロンのスチームを当てる。この時、泡が出てくるが、これがシミを漂白してくれるという。汚れ落ちが足りなければ、同じ工程を繰り返そう。最後に、水や湯で衣類をすすぎ、洗濯機で通常洗いをする。

 この方法で、黄ばみなどの汚れは落ちるが、皮脂汚れで黒ずんでいる場合は、もうひと手間必要になる。

 まずは、汚れている部分全体を濡らし、台所用洗剤をつけて歯ブラシでこする。その後、洗面器に45℃程度の湯と衣料用洗剤、液体と粉末の酸素系漂白剤を規定量入れ、つけ置きする。汚れが落ち切らなかった部分は、黄ばみ落としと同様、奇跡の洗剤でシミ抜きをし、水ですすげばOK。時間がたった汗ジミは、この方法を試してみよう。

※女性セブン2018年6月14日号

関連記事

トピックス