芸能

真木よう子『焼肉ドラゴン』のため在日韓国人に話を聞き役作り

在日韓国人一家の長女を熱演(撮影/田中智久)

 芸歴20年目を迎え、ますます円熟味を増す実力派女優・真木よう子。出演した公開中の映画『焼肉ドラゴン』(鄭義信監督)では、焼肉店を営む父を持つ在日韓国人三姉妹の長女を演じ、主演女優としての役割を果たしている。

「撮影は京都の太秦で1か月ほどかけて挑みました。キャストの皆様とはずっと一緒にいたので、撮影中はとても濃厚な時間でしたね。完成した作品を観た時は、なかなかないことなのですが、自分でも感動で涙してしまったくらいです。

 撮影では、特に関西弁に苦労しました。関西出身の友人が多いので、“普段から耳にしてるから大丈夫かな”なんて高をくくっていたんですが、友人たちの多くは兵庫県出身だったので、コテコテの大阪弁とは微妙に違ったみたいで。方言指導の先生にしっかり直されてしまいました(笑い)。あとは在日韓国人の友人に“お互いの連帯感がすごく強い”という話を聞いたので、繋がりを強く意識して役作りをしていきました」

 同作は大阪万博直前の昭和45年、伊丹空港近くの集落にあった小さな焼肉店が舞台。掘っ建て小屋が並ぶ空間で、焼肉店の家族と暑苦しいほどおせっかいな周囲の人間たちが、心を通わせ、本気でぶつかり合っていく。原作は2008年に日韓合同で製作された舞台劇で、「朝日舞台芸術賞グランプリ」「読売演劇大賞」など数々の著名な演劇賞を総ナメにした有名作だ。

 真木が演じる長女・静花は、次女の梨花(井上真央)、三女の美花(桜庭ななみ)、末っ子の時生(大江晋平)とともに店を手伝う。両親は再婚同士で、家族の間には血縁関係があったり、なかったりという難しい役柄。右足に障害を抱えている静花は、足を引きずりながらも気丈に振る舞い、長女として家族を引っ張る立場にある。

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン