国内

日大・田中理事長の人心掌握術 特別研究に数百万円用意も

日大ピラミッドは強固

 いわゆる“アメフト悪質タックル”問題で揺れた日本大学関係者の間で語り継がれる“人事異動”がある。田中英壽理事長がナンバー2の常務理事として実権を掌握した2005年。その時に大学経営の主導権を巡り敗れたライバルの常務理事が、東京・九段南にある本部2階の窓のない資料庫の整理係に異動になり、最後は東京・稲城にある総合グラウンドの守衛に追いやられたという。

 また、数年前には田中理事長のやり方に批判的な学部長がいたが、その学部長を支える東京勤務の事務職員が突然、福島県郡山市の工学部に異動になったという。

 そうした「報復人事」がある一方で、田中体制をしっかりと支える者にとって“恩恵”となるような制度も用意されている。

 日大は2012年から「理事長特別研究・学長特別研究」という助成事業を始めている。制度を説明するウェブサイトには「本学の教育研究及び運営にも積極的に活用できる研究を推進する」として、「組織運営、危機管理、人事管理、広報管理」など幅広く例示され、助成規模も判然としない。

 学識者である「学長」の指定する研究助成とは別に、事務畑から大学トップとなった「理事長」の指定する特別研究があるところに、意味があるという。元理事が、こう指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン