• TOP
  • 国内
  • 宝くじトラブル対処法 スクラッチ削りすぎ大丈夫?

国内

2018.07.02 16:00  女性セブン

宝くじトラブル対処法 スクラッチ削りすぎ大丈夫?

宝くじに関するトラブル、どう対処する?

 宝くじに関するトラブルは時々発生するが、その対処法をご紹介する。まず、宝くじをポケットに入れたまま洗濯し、くじ券がしわくちゃになってしまったら?

 売り場の機械で数字などが判別できれば大丈夫だが、そうでない場合、宝くじの種別、回号、組と番号が確認できれば、売り場で対応してもらえる。判別が難しければ、みずほ銀行で真贋の鑑定が行われる。

 続いて、スクラッチを強く削りすぎたため、絵柄がわからなくなってしまった場合はどうか? 削りすぎの程度にもよりますが、売り場の裁量に任される。

 また、数字選択式宝くじの当せん確認をする際、印字されている数字にボールペンで丸印を付けていたら、表面下部のバーコードを汚してしまったらどうなるか?

 数字選択式宝くじに関しては、機械が読み取れるかどうかで判断される。どの程度までの汚れが大丈夫なのかは、ケースバイケース。端がわずかに欠けただけでも読み取れなかった事例もあるので、くじ券は大切に扱おう。

※女性セブン2018年7月12日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス