国内

日大危機管理学部「同じ英語授業に先生が2人」の異常事態

日大の田中理事長(時事通信フォト)

 アメフト部の悪質タックル問題をきっかけに、日本大学の奇妙な実態が次々と明らかになる流れは、まだまだ止まらない。

「いま、日本大学の危機管理学部で『英語の授業』がおかしなことになっています。教壇には外部の英会話学校の講師が立ち、それを日大の教員が何も指導せずにただ“観察”している状況が生まれているのです」

 そう話すのは、日大の三軒茶屋キャンパス(危機管理学部、スポーツ科学部)で、昨年度まで非常勤の英語講師を務めていた真砂久晃氏(59)だ。危機管理学部といえば、田中英壽理事長の肝いりで2016年に開設された新設学部である。それにしてもなぜ、そんな「おかしな授業」が生まれたのか。

 問題は、日大が今年4月から、真砂氏ら非常勤の英語講師に代えて、授業を英会話学校に委託する形式を採用したことに端を発する。

 この変更だけなら「教室に先生は1人」のはずだが、英会話学校への授業の“丸投げ”が問題になった。大学設置基準(文部科学省令)で、大学が〈必要な授業科目を自ら開設〉(19条)するよう求められていることに違反する疑いが浮上し、文科省が日大の聴取に乗り出す事態に発展。その結果、「丸投げではない」という形にするためか、日大の教員がもう1人、“観察”するという「おかしな授業」が生まれたというのである。

 もともと、前出の真砂氏ら15人の非常勤英語講師が契約を解除された背景には、人件費カットの狙いが窺える。真砂氏らは6月22日、不当な雇い止めだとして、日大を相手取って地位確認を求める訴訟も起こした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン