国内

日大危機管理学部「同じ英語授業に先生が2人」の異常事態

日大の田中理事長(時事通信フォト)

 アメフト部の悪質タックル問題をきっかけに、日本大学の奇妙な実態が次々と明らかになる流れは、まだまだ止まらない。

「いま、日本大学の危機管理学部で『英語の授業』がおかしなことになっています。教壇には外部の英会話学校の講師が立ち、それを日大の教員が何も指導せずにただ“観察”している状況が生まれているのです」

 そう話すのは、日大の三軒茶屋キャンパス(危機管理学部、スポーツ科学部)で、昨年度まで非常勤の英語講師を務めていた真砂久晃氏(59)だ。危機管理学部といえば、田中英壽理事長の肝いりで2016年に開設された新設学部である。それにしてもなぜ、そんな「おかしな授業」が生まれたのか。

 問題は、日大が今年4月から、真砂氏ら非常勤の英語講師に代えて、授業を英会話学校に委託する形式を採用したことに端を発する。

 この変更だけなら「教室に先生は1人」のはずだが、英会話学校への授業の“丸投げ”が問題になった。大学設置基準(文部科学省令)で、大学が〈必要な授業科目を自ら開設〉(19条)するよう求められていることに違反する疑いが浮上し、文科省が日大の聴取に乗り出す事態に発展。その結果、「丸投げではない」という形にするためか、日大の教員がもう1人、“観察”するという「おかしな授業」が生まれたというのである。

 もともと、前出の真砂氏ら15人の非常勤英語講師が契約を解除された背景には、人件費カットの狙いが窺える。真砂氏らは6月22日、不当な雇い止めだとして、日大を相手取って地位確認を求める訴訟も起こした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン