ビジネス

スズキの新型ジムニー 熱狂的なジムニストの期待裏切らぬ車

歴代ジムニーはスズキの顔

 まず、主眼に置くのが性能を最大限に活用する「プロユーザー」で、林業や電設業など仕事の道具として必要な人や、本格オフロード走行やアウトドアレジャーなど趣味の相棒として活用する人。

 2つ目は、生活の中で4WDを使用している「日常ユーザー」。山岳地帯や寒冷地域でジムニーが生活の足として必要な人たちだ。最後が、プロの道具や本物感に憧れがあり、プロが使っているものを自分が持つことに魅力を感じている「一般ユーザー」。街乗りが主体ながら、4WD性能やタフさを感じさせるデザインに本物感やこだわりを感じるユーザーだという。

 確かに、3グループのユーザーをすべて満たしてくれるオールマイティさがジムニーにはある。悪路走破などタフに使うプロユーザーは4WDのローギアの使用シーンも多いだろうし、日常ユーザーの大半は通常の4WDで事足りる。街乗り主体でジムニーに憧れを持つ、いわば“なんちゃってジムニスト”なら、操作レバーを2WDモードにしておけばFR走行になるからだ。

 どんな悪路でも受け止めるラダーフレームと、いろいろなシーンを使い分けられるパートタイム4WDを持つジムニーは、日本の狭い道路事情や駐車場事情にマッチしたコンパクトサイズであることも相まって、大雨など異常気象続きの昨今、その走破性はうってつけという声も多い。さすがにカタログ値で見る燃費も良くないし、ほかのクルマのモデルチェンジで驚異の軽量化を実現してきたスズキ車にあって、ジムニーは車重も1トンを超えている。

 が、安価で頑丈、長持ち、いざという時に頼りになるのだから、それらのネガを補って余りある。ジムニーはライフサイクルが長いクルマなので、同じクルマに長期間愛着を持って乗ることができ、多少の凹みや傷は、このクルマではむしろ、いい味を醸し出す。こうした要素がジムニストの心を捉えて離さないのだろう。

 また、メーカー側もジムニストたちの期待に応え、裏切るまいとする心意気を持っている。再び前出の米澤氏の弁。

「この性能、サイズのクルマを待っていて、喜んで乗っていただいている方、どうしても欲しいと言うお客様がかなりの数、継続的にいます。私もジムニーのオーナーが集まる会を覗いたことがありますが、たとえば細い山道沿いにある渓流で釣りを楽しむ人たちをはじめ、どんな集まりでもみなさん、同じクルマで同じ時間を共有し、本当に楽しんでいて笑顔なんですよ」

 さらにジムニー・ジムニーシエラ発表会の席でスピーチしたスズキ社長の鈴木俊宏氏も、まず同社会長でひときわジムニーへの思い入れを持っている父・鈴木修氏の、

「約半世紀、このクルマの生産を継続できたのは、熱狂的なジムニーファンの1人1人が深く愛してくださったおかげ」

 というメッセージを紹介。その後、自身も「こうしたクルマは作りづらく、売りづらい時代になってきているのは事実ですが、そういうファンの方々を見捨ててしまっていいのかという思いがあり、今後も細く長くはなるが、ぜひ、続けていきたい」と、ジムニストたちを泣かせる文言を発していた。

 ちなみに、ジムニーのMT車の購入比率は3割~4割らしいが、ジムニーもジムニーシエラも、AT車のみになっていくクルマが他社では多い中で、自由な操縦感があるMT車の設定を残しているところもファンの間で高評価だ。

 また、今回のフルモデルチェンジではオーバーフェンダー装着で踏ん張り感が出てトレッドも広がった、1500cc(先代は1300cc)のジムニーシエラのデザインもユーザーからウケが良く(ホイールベース、室内長、室内高、室内幅など居住空間はジムニーとまったく同じ。先代より全長は50mm短く、全幅は45mm拡大)、ジムニーシエラのほうも、先代よりかなり販売台数が稼げそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン