• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉のラジオ番組が終了、最後に口にした「SMAP」

芸能

2018.08.03 07:00  女性セブン

木村拓哉のラジオ番組が終了、最後に口にした「SMAP」

次はネット番組に参入

 23年間にわたって続いたラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM毎週金曜23時~)が7月27日、最終回を迎えた。

 2016年にSMAP解散が発表された後も、木村拓哉(45才)は「タイトルは変わる必要はないかなって、思ってますけど…」と語り、そのままに。ファンにとって「SMAP」の存在を感じられる唯一の番組だっただけに、ファンの悲しみは大きい。

「木村くんの本音が聞ける貴重な番組でした。リスナーからの『横が紐で結ばれたショーツをどう外すか』という突然の“下ネタ質問”にも、『ぼくは歯で外しますね』と答えてビックリしたことも。でも、それだけ木村くんを身近に感じられる番組でした」(50代の女性ファン)

 テレビで語られないことも“ここ”では明かしてきた。

 中居正広(45才)にいきなり髪をつかまれてけんかしたエピソードを、「ホテルのチャイムがピンポーンって鳴ったんで、『あれっ』と思ってガチャッて開けたら、いきなり髪の毛をつかまれて、ガーッてこう…殴り合いしてましたね」と赤裸々に語ったことも。

 解散騒動直後には、「皆さんにつらい思いをさせてしまって本当に申し訳ない」「本当に、ごめん…」と謝罪の言葉を口にしたこともあった。

 さらに解散1週間後の放送では、

「“SMAPの木村拓哉”ではなくなったことを、冷静になって考えていた気がしますね。じっと考えてても何も変わらないと、ひたすら体を動かしていました」

 と心境を吐露した。東日本大震災直後の放送では、メンバー全員で出演し、メッセージを届けた。

 木村が最終回に選曲したのは『夜空ノムコウ』だった。「この『What’s UP SMAP!』という船にずっとおれを乗せてくれて、走り切ってくれて、ありがとう。お疲れさま!」と感謝の言葉で番組を締めくくった。

 8月5日からは新番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日曜11時30分~)に模様替えする。

「今度はお昼の時間なので“下ネタ”に注意しなくてはと笑っていましたよ。唯一“SMAP”という名が残る番組を終えて、複雑な思いもあるでしょうが、肩の荷が下りた部分も大きいようです」(芸能関係者)

 ラジオだけではない。同日には木村にとって初のネット動画番組『木村さ~~ん!』(GYAO!)もスタート。24日には映画『検察側の罪人』も公開される。木村拓哉・第2章が本格的に始まった。

※女性セブン2018年8月16日号

関連記事

トピックス