国内

最新国内記事のRSS

若者は恋愛嫌い、「大学生は恋をするもの」の固定観念はダサい

2018.08.11 07:00

「大学生のデート経験率は過去最低」 「キス経験、性交経験も低下の一途」 「女子の過半数が性に否定的な

「大学生のデート経験率は過去最低」
「キス経験、性交経験も低下の一途」
「女子の過半数が性に否定的なイメージを持ち、初体験率は12年で約25%低下した」

 この8月に日本性教育協会より結果が公表された2017年度版の「『青少年の性行動』第8回調査報告」には驚きの結果が並んでいた。第1回の2074年からほぼ6年おきに全国の学生を対象に行われてきた“イマドキの性”を読み解く一大調査。今回は男女学生約1万3000人を対象に行われ、過去最大の調査規模になった。

 デートやキス、初体験など若者の性行動が減少した最新結果を報告書はこうまとめる。

〈2017年調査では青少年の性行動の不活発化がさらに進行し、特に女子でその傾向が著しいことが明らかとなった〉

「予想通り」とうなずくのは公立中学校で教鞭をとる現役教師だ。

「大学生になった教え子と同窓会で会うと、恋愛経験がないと吐露する子が多いんです。『好きな子ができても告白するのが面倒だし、振られて傷つくのも嫌』と言うので驚きました。“若者の性が乱れている”なんて常套句は、今や昔の話です。今の中学生は、恋愛するとしてもダブルデートやトリプルデートが主流で恋人と1対1では会いません。特に女子は恋愛より女友達との関係を重視しますね」

 男女のきわどい恋愛ネタを武器に『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)などバラエティー番組で活躍する男女コンビの芸人「ペコリーノ」のクロコダイルミユ(23才)は、意外にも「色恋沙汰には奥手なんです」と打ち明ける。

「私はこの春に大学を卒業したばかりですが、キャンパスで色恋の話ばかりするイケイケの同級生はごく一部で、彼らには嫌悪感がありました。友達も『大学生は恋をするもの、という固定観念はダサい』と恋愛に興味のない人が多かった。芸人になってもその気持ちは変わらず、ネタ以外でセクハラまがいのことをされたら嫌だし、よく先輩芸人たちが口にする『女遊びは芸の肥やし』という考えはまったく理解できません」

 相方の植木おでん(23才)もうなずく。

「ぼくの友達も奥手な人が多い。『LINEの既読がつくのが遅いから、脈がないんじゃないか』とデートに誘うのをあきらめたり。たしかにぼくらの世代はこの結果通りの若者が多いかもしれない」

※女性セブン2018年8月23・30日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP