• TOP
  • ビジネス
  • ホンダ「クラリティPHEV」 プリウスは圧倒しているけれど…

ビジネス

2018.09.05 07:00  NEWSポストセブン

ホンダ「クラリティPHEV」 プリウスは圧倒しているけれど…

高級感も追求した「クラリティPHEV」(時事通信フォト)

 HV(ハイブリッドカー)の進化版ともいうべきPHEV(またはPHV/プラグインハイブリッドカー)は、外部充電を可能にしたことでガソリンの使用量を最小限に抑え、EV(電気自動車)よりも航続距離を伸ばすことができる“次世代エコカー”として車種も増えてきた。ホンダが7月に発売した「クラリティPHEV」は経済的な利点をアピールしつつ、高級セダンの上質感をとことん追求したという。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がその実力を検証した。

 * * *
 ホンダから新型モデル、「クラリティPHEV」が登場し、7月20日より発売が開始されています。

 ホンダの「クラリティ」といえば、水素を燃料とする燃料電池車「クラリティ・フューエル・セル」がすでに発売されていますが、今度の「クラリティPHEV」は、同じ車体を使ったプラグインハイブリッド版です。

 燃料電池ではなく1.5リッター・エンジンとモーター、リチウムイオン電池を搭載します。1つのエンジンと2つのモーターを使う「スポーツ・ハイブリッド I-MMD」というシステムで、モーター駆動を基本とするもの。「アコード」や「ステップワゴン」のハイブリッドにも採用されている方式です。

 このハイブリッド方式の特徴は、モーター駆動が基本ですから、非常に静かで振動が少なく快適。さらに「クラリティPHEV」は、最高出力が184馬力/最大トルク315Nmもありますからパワー感も十分。アクセル操作に対するパワーの出かたもダイレクト。静かでありながらも、力強く伸びやかで気持ちのよい加速が味わえます。

 ただし、全体の走り味は、スポーティではなくエレガンスなものでした。ほとんどEVのような走りでありながら、航続距離を気にせずに使えるというのが「クラリティPHEV」の最大の魅力と言えるでしょう。

 では、ライバルと比べるとどうなのでしょうか?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス