• TOP
  • ライフ
  • 年間100億円売れる「入れ歯安定剤」 長期間常用で悪循環も

ライフ

2018.09.25 07:00  週刊ポスト

年間100億円売れる「入れ歯安定剤」 長期間常用で悪循環も

入れ歯安定剤はよく売れているが…(撮影/岩澤倫彦)

 年間100億円も売れているという「入れ歯安定剤」。少し緩い入れ歯でも、「安定剤」を使えば、ぴったりフィットする。食物が挟まらない、外れない。ただし、デメリットも存在する。

「安定剤」を長期間常用すると、歯槽骨の吸収が促進され、歯肉だけが残った柔らかい土手(顎堤)になってしまう場合があるのだ。こうなると、噛み合わせが狂い、入れ歯を作り直しては合わなくなる、という悪循環に陥る。

「安定剤」の添付文書にも、“長期連用しないでください”と明記されているが、知らずに使っている人が多いのではないか。

 岩手医科大の研究では、「安定剤」に細菌が付着して増殖することも確認されている。入れ歯治療の第一人者・深水皓三氏(銀座深水歯科・院長)はこう指摘する。

「しっかり設計された入れ歯なら、安定剤は全く必要ありません。それなのに、安定剤がこれだけ売れているのは、歯医者の腕が未熟な入れ歯が多いということでしょう」

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス