• TOP
  • 芸能
  • 小籔千豊の『笑イザップ』で笑いのスキル向上の難しさを実感

芸能

2018.10.21 07:00  NEWSポストセブン

小籔千豊の『笑イザップ』で笑いのスキル向上の難しさを実感

 第2回では、「僕の方法論だけでは偏ってしまう」という小籔の計らいによって漫才コンビ、矢野・兵動の兵頭大樹の元へ3人は向かう。そこで、前回の課題である新しいエピソードトークを披露する。聞いた兵頭は「聞いてる人に画を浮かべさせんと」と助言、情景描写の強化を求める。続けて、話したいことを一言一句書き出して整理した方が良いと続く。そして、最後にお手本として披露したのが下記である。

「あの家で子供が2人おるんですけども、上が6年生、下小学校2年生なんですけども。あの家はみんな分からへんと思うけど、家帰ったらイチおっさんとしておもろないギャグとか言うんですよ。上の子に『それ取って』と言ったら取ってくれて。全然、面白んないで、家の親父ギャグやと思ってや。取ってくれた瞬間に『イッキューちゃうわ、ニキューちゃうわ、サンキュー』って言ったんですよ。そしたら上のがムチャクチャ真顔になって『パパ、“セン”までいくのムチャクチャ時間かかんで』って言われて。上の娘まさかのセンキューの方だったんですよ!」

 文字数にして250字強、一切無駄がない小話である。だが、兵頭によると更に凝縮できるという。

 最終回となる3回目では、2時間の生配信を決行。最終審査として、女子大生、東大生、マダム軍団の前で各人がエピソードトークを披露した。これを2時間見るのは辛かった。流石に編集なしで若手芸人の話を聞き続けるのはキツい。

 それでも小籔は、最後のコメントで「ちょっとは良くなったんではないかと」と語った(小藪は基本優しい)。ただ、視聴者としては思った以上に”ちょっと”の成長しか感じられなかったのが本音だ。また、被験者3人のなかには全く上達しない芸人もおり、彼から発せられるエピソードトークは最後まで無駄が多かった。たぶん、兵頭に言われたことも守ってない。「面白くなりたい」という欲が希薄なことも明確で、「この人はなんで芸人を目指したんだろう」と思った。しかし、門戸の広いNSCにはこういった人が山ほどいるんだろう。

「RIZAP」によって、ブヨブヨの肉体がマッチョに変わることを知っている。これをエピソードトークに置き換えた場合、若手芸人の話術が『人志松本のすべらない話』に出演しても遜色ないレベルまで上達。そんなイメージを持っていた僕は無知だった。

『笑イザップ』は、分かりやすい成長がないままヌルッと終わる。スッキリしないが、これがドキュメンタリー。番組を通して、笑いのスキルは肉体のように1ヶ月で変化しないことを学んだ。

関連記事

トピックス