• TOP
  • ビジネス
  • ドン・キホーテ創業者安田氏 全権委任したら口を出さない

ビジネス

2018.11.01 07:00  女性セブン

ドン・キホーテ創業者安田氏 全権委任したら口を出さない

ドンキの「圧縮陳列」を生み出した安田氏(写真/アフロ)

 今や「安売りの帝王」として誰もが知っているドン・キホーテ。創業者である安田隆夫氏(69才)が東京・府中に1号店をオープンしたのは平成になったばかりの1989年。

 以降、29期連続で増収増益という小売業界で前代未聞の偉業を達成し、売上高1兆円の大企業になった。安田氏を知るジャーナリストの伊藤博敏さんは、その人間性に太鼓判を押す。

「経営手腕はさておき、常にベンチャー精神をもって権威や権力におもねらず、現場における人との出会いや縁を大切にする安田さんの人柄には、いつも感銘を受けます」

 安田氏の行動原理は、「信じて委ねる」だ。

「ドンキ創業以来の経営方針は、人を信じて事業を委ねること。いったんその人物を見込んで任せたら、安田氏はめったなことで口出しをしません。店長に最大の権限を与えるドンキの個店主義はそこからきています」(伊藤さん)

 人間を見極めるために安田氏が心がけるのが、「相手の立場に立つ」ことだ。

「安田氏がよく言うのは、“どうしたら相手を動かせるか”ではなく、“どう働きかけられたら自分は動くだろうか”と考えること。相手の立場を自分に重ねることで、人の動かし方が見えてくる。トップダウン方式の経営者がなかなか持てない視点です」(ビジネス誌記者)

 資産2460億円の大富豪になっても安田氏のポリシーは変わらない。

 自ら築いた地位に恋々としてすがりついて「院政」を敷くお金持ちを尻目に、安田氏は2015年に最高経営責任者と取締役を辞任。実にあっさりと身を引いたのだ。

「これも全権委任したら口を出さないとの方針に従ったものです。引退後は趣味のダイビングに明け暮れる一方、海外でのホテル事業などに参画しています。いくつになっても新しいことにチャレンジするベンチャー精神を忘れず、仕事の虫として“生涯現役”を貫くことこそ、安田さんの生き様です」(伊藤さん)

■安田隆夫(やすだ・たかお)/ドン・キホーテホールディングス創業者
1949年岐阜県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。1980年に株式会社ジャスト(現:株式会社ドン・キホーテ)を設立。1989年には第1号店となる「ドン・キホーテ」府中店を開店し、日本最大の総合ディスカウントストアに育てあげた。2015年7月から代表権のない創業会長兼最高顧問に就任。妻との間に1人の息子がいる。2017年に、シンガポールに移住。住まいはセントーサ島にあり、地上2階地下1階の造り。4寝室でプール付き。床面積は約790平方メートルある。

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス