• TOP
  • 国際情報
  • 絶滅危惧動物・センザンコウのウロコ大量摘発 7tで6.7億円

国際情報

2018.11.07 07:00  NEWSポストセブン

絶滅危惧動物・センザンコウのウロコ大量摘発 7tで6.7億円

乱獲が野放し状態

 中国広東省では今年7月から10月までの4カ月間で、「薄切りプラスチック」などとラベル付けされた貨物から、堅いウロコを持つアリクイやアルマジロに似た哺乳類、センザンコウのウロコ計7トンが押収されていたことが分かった。

 これはセンザンコウ1万5000匹分に相当する。中国内のブラックマーケットではウロコ1キロが5600元(1元=17円)で取引されており、総額で約6億7000万円と過去最大の摘発となっている。

 中国紙「法制日報」によると、中国当局は今年7月からセンザンコウの密輸の摘発を強化しており、7月11日には広東省羅定市の羅定江で、100個の袋にパッキングされた計2トンのセンザンコウのウロコが摘発された。さらに、その後も羅定江では2回に分けて、それぞれ2.7トンと2.3トンのセンザンコウのウロコが摘発された。

 また、最近でも広州港で、7トン以上の同種のウロコが摘発されており、密輸業者が活発に暗躍していることがうかがえる。

 過去にも2016年6月、香港で、税関当局が「薄切りプラスチック」とラベル付けされたカメルーン発の貨物からアフリカセンザンコウのウロコ4トンを押収している。

 センザンコウは8種類が確認されているが、いずれも絶滅危惧種に指定、世界的に保護されている。しかし、国際自然保護連合(IUCN)は、2014年末現在で、「過去10年間に100万頭以上が虐殺されている」と報告するとともに、その後も毎年20トンものセンザンコウが密輸業者の餌食になっていると指摘している。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス