国内

小室圭さん、NYでセレブ生活 母・佳代さんはひきこもり状態

母はひきこもるように暮らしているという(写真/共同通信社)

 秋はニューヨークが最も美しい季節といわれる。晴れ上がった空、冷たく澄んだ風、舞い散る木の葉。まるで絵画のようなフォーダム大学ロースクールのキャンパスの中庭を11月上旬の平日朝9時ちょっと前、1人の日本人男性が駆けるように早足で歩いていた。

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)との婚約が延期となった小室圭さん(27才)だった。黒いジャケットに黒いパンツというシックな服装。大きめの黒いビジネスバッグは、東京の法律事務所にパラリーガルとして勤務していた頃にいつも持っていたものと同じだ。

 すれ違った学友と笑顔で挨拶を交わすと、シティーホテルのようなスタイリッシュな外観の建物へと消えていった。

「マッケオン」と名づけられたその高層ビルの低層階は大学の教室で、高層階には学生寮が入る。いたるところに大小の絵画やオブジェが飾られ、高い天井とらせん階段とガラス張りの廊下。眼下にニューヨーク屈指の複合文化施設「リンカーンセンター」を見下ろす高層階にある寮の一室で、小室さんは寄宿生活を送っている。

 その日、2階の大ホールには世界中の法律の専門家が集まり、「国際的な調停」に関する学術会議が開かれていた。

 小室さんもその出席者の1人だった。彼の横には、教授と思しき初老の外国人男性。ランチタイムになると、そのままダイニングルームへ移動し、流暢な英語を駆使し、笑顔で会話をしながら昼食をとっていた──。

 フォーダム大学は、トランプ大統領(72才)らを輩出した、全米でも屈指のセレブ大学だ。小室さんのように3年間学ぶには、学費や寄宿生活費用を含め、3000万円ほどかかるとされる。

「大学がわざわざホームページで“プリンセス・マコのフィアンセ”と小室さんの入学を紹介し、VIP待遇での留学生活です。年間700万円ほどの学費は、200人ほどの留学生の中から1人だけ選ばれる奨学金で支払った。日本の弁護士資格も持たず、大学で法律の勉強もしたことのない小室さんをニューヨーク州の弁護士試験に合格させるため、大学側はマンツーマンで教授の指導を受けさせているそうです。これで小室さんが合格したら、大学の評価が上がると考えているのでしょう」(外務省関係者)

 授業開始は朝9時。1コマ3時間近いものもあり、終業は夜9時頃。大半は「マッケオン」の3、4階の教室で行われる。勉強の合間にはキャンパス内にあるトレーニングジムで汗を流すこともあるようだ。

「夜には街に出て同級生と食事をしたり、たまに、ニューヨークの社交界で活躍する日本人ビジネスマンの集まりに顔を出すこともあるそうです」(在米ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン