芸能

西城秀樹さんの妻が明かした出会いと別れと「最初の脳梗塞」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 2018年4月25日。西城秀樹(享年63)は、いつも通りに約3時間に及ぶリハビリを終えて帰宅し、妻の美紀さん(46才)と母、中学2年生の次男・悠天くんとともに夕食を楽しんでいた。その日はたまたま、高校1年生の長女・莉子さんと中学3年生の長男・慎之介くんは部活動で帰宅していなかったが、自宅2階にあるダイニングで、家族そろっての夕食を囲んだ。

 テーブルに並んだのは、スペアリブ、ポトフ、サラダ、そして秀樹の好物である白いご飯。いつもどおり、肘掛けのある白い椅子に腰を下ろした秀樹は、これらをきれいに平らげる。

 直後のことだった。夜7時頃、秀樹の体は椅子の上で反り返ったまま、動かなくなってしまった。異変に気づいた美紀さんが呼びかけるが、全身が痙攣を起こし、椅子から転げ落ちそうになっている。

「パパ! どうしたの?」

 美紀さんは秀樹を椅子から下ろして体を揺すりながら、次男に「救急車を呼んで!」と叫んだ。

 大学病院の救急救命室(ER)に運び込まれ、処置が始まる。長女、長男、そして事務所のスタッフも駆けつけ、全員が無事を祈り続ける。懸命の治療、そして家族の思いによって止まっていた心臓は再び動き始めたが、医師の口から発せられた言葉は、あまりに残酷なものだった。

「残念ですが、意識が戻る可能性はありません」

 約40分間の心臓停止により、脳に充分な酸素が行き渡らなかったことから、脳死の可能性が高いという説明もあった。「もって1週間」とも。

 それでも、秀樹は生き続けた。意識は戻らず、話もできない状態でも、倒れた日から3週間、これまでと同じように「また言葉を交わせるのではないか」「ステージに立てるのではないか」という淡い希望を、見守る家族に抱かせた。

 しかし、ついにそのときが訪れる。5月16日、深夜。家族が見守るなか、医師の言葉が病室に響いた。

「5月16日23時53分、ご臨終です」

 63才。余りにも早すぎる旅立ちだった。

──あれから半年。妻の美紀さんが『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓した。

「正直に言えば、これまでお話ししてこなかったことを書いて公にすることに、戸惑いもありました」

 美紀さんが言う。

「秀樹さんの症状を病院で先生に伝えたり、のんでいる薬を把握するために書き留めていたノートが数冊あります。病状の変化や日々の食事、担当医とのやりとりをメモにとってきました。秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」

 美紀さんの著書には、知られざる秀樹の素顔、そして過酷な闘病の日々が綴られている。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン