芸能

西城秀樹さんの妻「ようやくアルバムを眺められるように」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46才)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 これまで明かされていなかったが、秀樹が最初に脳梗塞となったのは2001年の秋のことだった。そして、2003年6月には2度目の脳梗塞を経験している。

 2005年には第3子が誕生し、3人の子供の父親となった秀樹は、再発の不安を抱えながらも精力的に仕事をこなすようになった。コンサートはもちろん、2009年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』や、『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK Eテレ)にレギュラー出演。2011年3月にはミュージカルで初めての悪役にも挑戦した。

 脳梗塞の影響もあり、舞台は難しいと本人も感じていたが、悩んだ末にオファーを受けた。ものすごい集中力で台本を覚え、無事に長丁場の舞台を乗り切った。この頃の秀樹は病気前の姿に近いといえるぐらい回復していたという。

 しかし、その年の年末、再び脳梗塞が秀樹を襲った。歌手として最も忙しくなる年末年始の仕事をすべてキャンセルするほかなかった。翌年の1月末には仕事復帰していたが、病状は悪化していたという。

 寝ていても目が回るが、検査を受けても原因がわからない。秀樹と美紀さんが“クルクル病”と名づけたその症状は、ステージに立っているときだけ治まるが、日常生活では回り続ける。美紀さんの不安は強くなっていった。

《(秀樹の)体はじわじわと思うようにならないことが増えていました。言葉もうまく出なかったり、言ったことを忘れて何回も同じ事を聞いてしまったり…》(美紀さんの著書『蒼い空へ』より。以下《》内、同)

 秀樹が多系統萎縮症と診断されたのは、そうした予感を抱いた直後のことだった。脳が萎縮することで、自律神経障害が出るようになる病気だ。2015年、野口五郎をサプライズゲストに迎えた還暦ライブを成功させた裏で秀樹は満身創痍だった。

 しかし、誰もが秀樹の回復を信じていたし、何より本人は意欲的だった。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこう話す。

「同年代のかたがテレビで活躍している姿を見るたび、“そろそろテレビの仕事を入れてくれよ”“(郷)ひろみが出てるじゃん。おれもテレビ出なきゃ”と意欲を見せていました。秀樹さんは病気のことよりも、いつも仕事の話か子供の話ばかり。楽しそうに前向きに話していた。今よりもっとよくなるし、絶対回復すると信じていました。だから今年は“本格的にリハビリをして回復の1年にしよう”と秀樹さんと話をしていたところでした」

 5月26日、蒼天の下、東京の青山葬儀所で秀樹の葬儀が営まれた。喪主の美紀さんと3人の子供に参列者は皆、かける言葉も見つからず、野口五郎と郷ひろみの弔辞は多くの人の涙を誘った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン