芸能

西城秀樹さんの妻「ようやくアルバムを眺められるように」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46才)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 これまで明かされていなかったが、秀樹が最初に脳梗塞となったのは2001年の秋のことだった。そして、2003年6月には2度目の脳梗塞を経験している。

 2005年には第3子が誕生し、3人の子供の父親となった秀樹は、再発の不安を抱えながらも精力的に仕事をこなすようになった。コンサートはもちろん、2009年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』や、『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK Eテレ)にレギュラー出演。2011年3月にはミュージカルで初めての悪役にも挑戦した。

 脳梗塞の影響もあり、舞台は難しいと本人も感じていたが、悩んだ末にオファーを受けた。ものすごい集中力で台本を覚え、無事に長丁場の舞台を乗り切った。この頃の秀樹は病気前の姿に近いといえるぐらい回復していたという。

 しかし、その年の年末、再び脳梗塞が秀樹を襲った。歌手として最も忙しくなる年末年始の仕事をすべてキャンセルするほかなかった。翌年の1月末には仕事復帰していたが、病状は悪化していたという。

 寝ていても目が回るが、検査を受けても原因がわからない。秀樹と美紀さんが“クルクル病”と名づけたその症状は、ステージに立っているときだけ治まるが、日常生活では回り続ける。美紀さんの不安は強くなっていった。

《(秀樹の)体はじわじわと思うようにならないことが増えていました。言葉もうまく出なかったり、言ったことを忘れて何回も同じ事を聞いてしまったり…》(美紀さんの著書『蒼い空へ』より。以下《》内、同)

 秀樹が多系統萎縮症と診断されたのは、そうした予感を抱いた直後のことだった。脳が萎縮することで、自律神経障害が出るようになる病気だ。2015年、野口五郎をサプライズゲストに迎えた還暦ライブを成功させた裏で秀樹は満身創痍だった。

 しかし、誰もが秀樹の回復を信じていたし、何より本人は意欲的だった。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこう話す。

「同年代のかたがテレビで活躍している姿を見るたび、“そろそろテレビの仕事を入れてくれよ”“(郷)ひろみが出てるじゃん。おれもテレビ出なきゃ”と意欲を見せていました。秀樹さんは病気のことよりも、いつも仕事の話か子供の話ばかり。楽しそうに前向きに話していた。今よりもっとよくなるし、絶対回復すると信じていました。だから今年は“本格的にリハビリをして回復の1年にしよう”と秀樹さんと話をしていたところでした」

 5月26日、蒼天の下、東京の青山葬儀所で秀樹の葬儀が営まれた。喪主の美紀さんと3人の子供に参列者は皆、かける言葉も見つからず、野口五郎と郷ひろみの弔辞は多くの人の涙を誘った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン