• TOP
  • 芸能
  • 1980年代から現在まで 「女子大生ブーム」の今昔物語

芸能

2018.11.22 07:00  週刊ポスト

1980年代から現在まで 「女子大生ブーム」の今昔物語

◆1990年代に収束し近年ブーム再燃の兆し?

 1990年代には主役は女子高生に取って代わり、ブームは一度収束するが、実はその後何度も“復権”を狙う動きがあった。2000年には女子大生をメイン出演者に据え、復権を狙う『喝! リベンジナイト』(テレビ東京系)が開始。出演者の写真集やCDデビューなども開始当初から検討されていたが、半年で終了。2009年にはフジテレビが『オールナイトフジ』の復刻番組『キャンパスナイトフジ』をスタートさせる。本家同様、深夜生放送で挑み、吉木りさ(亜細亜大)をブレイクさせるなど健闘するが、再び一時代を築くまでには至らなかった。

 ただ2010年頃から、再びブーム復活の兆しが見え始めている。今年に入り、芸能事務所・レプロエンタテインメントが女子大生部門「CAMPUS ROOM」を立ち上げたほか、動画配信サービスGYAO!は大学のミスコングランプリらが出演する情報バラエティ『ニュースな女子大生と加藤浩次』の配信を開始。10月には現役女子大生によるアイドルグループ「CollegeCosmos」の結成が発表された。女子大生ブームの再来となるか、今後の動きに注目したい。

取材・文■石田伸也

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事

トピックス