• TOP
  • ライフ
  • さいとう・たかを氏 ゴルゴ13連載を50年続けられるワケ

ライフ

2018.11.27 07:00  NEWSポストセブン

さいとう・たかを氏 ゴルゴ13連載を50年続けられるワケ

50年超にわたって『ゴルゴ13』の連載を続けているさいとう・たかを氏

 元外務省主任分析官の佐藤優氏と、『ゴルゴ13』作者さいとう・たかを氏が、「ゴルゴ(通称G)のインテリジェンス」を語り合う短期集中連載の第5回。ゴルゴと2人の仕事に共通する、「チームマネジメント」と「ひとりの決断」のバランスの取り方とは?

 * * *
さいとう:『ゴルゴ13』を50年以上も休まずに続けてこられたのは「チーム」でやっていた、というのも大きいでしょうね。

佐藤:ビッグコミックの連載に目を通すと、作品の最後に「制作スタッフ」が紹介されています。そこには、構成、構図、脚本、作画……と10人以上の名前が並んでいます。

さいとう:この世界に入る時に「絶対にひとりではできない」と思っていたんです。

佐藤:なぜですか? たいていの漫画家さんは、アシスタントはつけますが、基本的にはひとりですよね?

さいとう:ドラマを考える才能と絵を描く才能というのは、まったく別の才能でしょ。

佐藤:たしかにそうです。

さいとう:チャップリンのような天才は別ですよ。彼は映画の監督、脚本、主演……と全部ひとりでやった。でもそのあと、チャップリン2世は現れましたか? いまの漫画界のシステムは、ひとりの作家に「チャップリンになれ!」と言っているようなものです。手塚治虫ならばできたかもしれませんが、彼も天才。天才の出現を待っていたのでは、業界が先細ってしまう。

佐藤:チームで作品を作る利点は、作業の問題だけでなく、新陳代謝ができることも大きいと思うんです。スタッフは入れ替わりがあると思いますので、スタッフがひとり入れ替わるたびに、新しい風が入ってくる。自然と時代の空気を取り込むことができます。それに『ゴルゴ13』では、外部の人材の脚本も採用していますから、古びるということがありません。

関連記事

トピックス