• TOP
  • 芸能
  • 元貴乃花離婚 及川夫妻との差は「ネガティビティ・バイアス」

芸能

2018.12.01 07:00  NEWSポストセブン

元貴乃花離婚 及川夫妻との差は「ネガティビティ・バイアス」

結婚23年目の「電撃離婚」

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、離婚を発表した元貴乃花親方と景子夫人を分析。

 * * *
 元貴乃花親方と景子さんが離婚した。そう聞いても、あぁやっぱりね、という印象しかない。元親方は、結婚を卒業する「卒婚」と表現したが、円満な離婚からはほど遠い印象がする。今週は他にも、及川光博さんと壇れいさんが離婚を発表した。夫婦関係にピリオドを打った2組の夫婦だが、離婚発表を聞いた時の印象はずいぶんと対照的に見えた。なぜなのか。

「表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論」というコメントからも、及川さんと壇さんは、夫や妻という立場や互いの役割より、表現者という立場や役割が最初から優先であって、お互いに仕事が一番大事だと考えていたことがわかる。プロ意識が強く、2人とも生活感をまるで感じさせなかったこともあり、離婚発表も彼らにとってマイナスな印象にはなっていない。

 ところが、元親方と景子さんの場合、離婚までの経緯が長く、ネガティブな報道ばかりである。2人の歴史を振り返っても、結婚当時はお互いが大好きで“理想の相手”と思っていただろうに、今では憎み合った熟年夫婦のような、冷やかな印象すら受けるのだ。

 以前の景子さんは、横綱を支える妻として、親方をサポートする献身的な女将さんとして生き生きしていた。横綱・親方である夫を理想とし、相撲部屋の女将として忙しく送る毎日に生き甲斐や価値を見い出していたように見えた。
 
 しかし、昨年の秋巡業中、元横綱・日馬富士が幕内・貴ノ岩に暴行を加えた事件以降、景子夫人にとってはネガティブなことが続き、元親方の言動や決断も拍車をかけ取り巻く環境は激変。マイナスな報道が多くなった。

関連記事

トピックス