芸能

『チコちゃん』プロデューサー「気づき」に重点を置いてる

絶好調の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 おかっぱ頭の幼い女の子が言い放つ一言に、ハッとさせられた日本人のなんと多いことか。NHKで放送中の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』が絶好調だ。チコちゃんという“永遠の5才”の女の子が、「“あす”と“あした”は何が違う?」「ドレミの“ド”って何?」など、あまりにも素朴すぎる疑問を、MCの岡村隆史やゲストに投げかけ、答えられずにいる大人を「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱責する。

 2017年に3回放送された単発番組が好評を得て、2018年4月からレギュラー放送がスタートすると、全テレビ局が目標とする“3世代視聴”を実現し、毎週土曜の再放送は視聴率15%超えを連発。2018年末には、その年を代表するキーワードが選出される『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」がランクイン。チコちゃんが史上最年少受賞を果たした。

 さらに2019年からは漫画連載の開始や書籍発売など、チコちゃんがテレビを飛び出し、メディアの垣根を越えたコラボレーションも目白押し。雑学系のバラエティー番組は数多くあるが、『チコちゃん~』がこれほど老若男女に支持された理由は、「口コミのしやすさにある」とテレビ解説者の木村隆志さんは言う。

「見たことのないCGで作られたチコちゃんのかわいさや、キャッチーな決めぜりふはSNSを中心に口コミされやすい。さらに扱う雑学ネタが、大人にもわからないのに、子供でもついていける内容で、家庭でも学校でも話題にしやすい。民放番組にありがちな家事や健康に直結させた問題ではなく、堅苦しさがないので、飲み屋での話題にもちょうどいいですよね(笑い)」(木村さん)

 番組プロデューサーの水高満さんは、『チコちゃん~』は、答えよりも“気づき”を大切にしているところが、他の雑学系番組との違いだと語る。

「なんとも思ってなかったことを問われて、“そういえば知らない!”とハッとしたり、調べてみたらおもしろい、という“気づき”に重点を置いています。だから答えがわからない問題があってもいいんです」(水高さん)

 そんな水高さんに、「なぜボーっと生きていてはいけないの?」と尋ねてみると、「ぼくはボーっとしていてもいいと思うのですが」と笑いながら答えてくれた。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン