芸能

『チコちゃん』プロデューサー「気づき」に重点を置いてる

絶好調の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 おかっぱ頭の幼い女の子が言い放つ一言に、ハッとさせられた日本人のなんと多いことか。NHKで放送中の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』が絶好調だ。チコちゃんという“永遠の5才”の女の子が、「“あす”と“あした”は何が違う?」「ドレミの“ド”って何?」など、あまりにも素朴すぎる疑問を、MCの岡村隆史やゲストに投げかけ、答えられずにいる大人を「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱責する。

 2017年に3回放送された単発番組が好評を得て、2018年4月からレギュラー放送がスタートすると、全テレビ局が目標とする“3世代視聴”を実現し、毎週土曜の再放送は視聴率15%超えを連発。2018年末には、その年を代表するキーワードが選出される『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」がランクイン。チコちゃんが史上最年少受賞を果たした。

 さらに2019年からは漫画連載の開始や書籍発売など、チコちゃんがテレビを飛び出し、メディアの垣根を越えたコラボレーションも目白押し。雑学系のバラエティー番組は数多くあるが、『チコちゃん~』がこれほど老若男女に支持された理由は、「口コミのしやすさにある」とテレビ解説者の木村隆志さんは言う。

「見たことのないCGで作られたチコちゃんのかわいさや、キャッチーな決めぜりふはSNSを中心に口コミされやすい。さらに扱う雑学ネタが、大人にもわからないのに、子供でもついていける内容で、家庭でも学校でも話題にしやすい。民放番組にありがちな家事や健康に直結させた問題ではなく、堅苦しさがないので、飲み屋での話題にもちょうどいいですよね(笑い)」(木村さん)

 番組プロデューサーの水高満さんは、『チコちゃん~』は、答えよりも“気づき”を大切にしているところが、他の雑学系番組との違いだと語る。

「なんとも思ってなかったことを問われて、“そういえば知らない!”とハッとしたり、調べてみたらおもしろい、という“気づき”に重点を置いています。だから答えがわからない問題があってもいいんです」(水高さん)

 そんな水高さんに、「なぜボーっと生きていてはいけないの?」と尋ねてみると、「ぼくはボーっとしていてもいいと思うのですが」と笑いながら答えてくれた。

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン