• TOP
  • 芸能
  • 『チコちゃん』プロデューサー「気づき」に重点を置いてる

芸能

2018.12.20 16:00  女性セブン

『チコちゃん』プロデューサー「気づき」に重点を置いてる

「ボーっとしないで日常のさまざまなことに“気づき”を発見すると、今までの世界が生まれ変わって見えるはず。番組がそのきっかけとなり、チコちゃんをもっと愛していただけると嬉しいですね」と期待を込める。

 そう遠くないうちに、チコちゃんはボーっと休む暇もないほど日本を代表するキャラクターになりそうだ。

「12月21日放送の年末SPでは、“イブってどういう意味?”という問題が出題。これを見たらクリスマスイブの過ごし方が変わるかもしれません。“歌うときにマイクを持たない手を動かす人がいるけどどうして?”では、検証実験をしてくださった松崎しげるさんが最高です!

 さらに、1月4日放送の新春SPでは、大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』(2019年1月6日~放送)とチコちゃん流コラボをしています。チコちゃんに攻められて素の魅力が出まくっている綾瀬はるかさんに注目ですよ。番組恒例の『NHKたぶんこうだったんじゃないか劇場』など、鶴見辰吾さん他、『チコちゃん一座』が総出演です!」(水高さん)

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連記事

トピックス