芸能

『チコちゃん』プロデューサー「気づき」に重点を置いてる

絶好調の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 おかっぱ頭の幼い女の子が言い放つ一言に、ハッとさせられた日本人のなんと多いことか。NHKで放送中の雑学クイズ番組『チコちゃんに叱られる!』が絶好調だ。チコちゃんという“永遠の5才”の女の子が、「“あす”と“あした”は何が違う?」「ドレミの“ド”って何?」など、あまりにも素朴すぎる疑問を、MCの岡村隆史やゲストに投げかけ、答えられずにいる大人を「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱責する。

 2017年に3回放送された単発番組が好評を得て、2018年4月からレギュラー放送がスタートすると、全テレビ局が目標とする“3世代視聴”を実現し、毎週土曜の再放送は視聴率15%超えを連発。2018年末には、その年を代表するキーワードが選出される『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」がランクイン。チコちゃんが史上最年少受賞を果たした。

 さらに2019年からは漫画連載の開始や書籍発売など、チコちゃんがテレビを飛び出し、メディアの垣根を越えたコラボレーションも目白押し。雑学系のバラエティー番組は数多くあるが、『チコちゃん~』がこれほど老若男女に支持された理由は、「口コミのしやすさにある」とテレビ解説者の木村隆志さんは言う。

「見たことのないCGで作られたチコちゃんのかわいさや、キャッチーな決めぜりふはSNSを中心に口コミされやすい。さらに扱う雑学ネタが、大人にもわからないのに、子供でもついていける内容で、家庭でも学校でも話題にしやすい。民放番組にありがちな家事や健康に直結させた問題ではなく、堅苦しさがないので、飲み屋での話題にもちょうどいいですよね(笑い)」(木村さん)

 番組プロデューサーの水高満さんは、『チコちゃん~』は、答えよりも“気づき”を大切にしているところが、他の雑学系番組との違いだと語る。

「なんとも思ってなかったことを問われて、“そういえば知らない!”とハッとしたり、調べてみたらおもしろい、という“気づき”に重点を置いています。だから答えがわからない問題があってもいいんです」(水高さん)

 そんな水高さんに、「なぜボーっと生きていてはいけないの?」と尋ねてみると、「ぼくはボーっとしていてもいいと思うのですが」と笑いながら答えてくれた。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト