スポーツ

大谷翔平、2.5億円タワマン最上階物件を一括購入も贅沢せず

12月中旬、大谷はスマホで誰かと連絡を取りながら外出

 その年にスポーツ界で多大な実績を挙げた個人や団体に贈られる「毎日スポーツ人賞」。イチロー、高橋尚子、羽生結弦など錚々たる面々が受賞してきたが、2018年グランプリを受賞したのは、米ア・リーグで新人王に輝いた大谷翔平選手(24才)。12月13日の表彰式で大谷は副賞の本まぐろを目の前にして戸惑ったが、自宅に送ってもらえることがわかると、「頑張って自分で何か(調理を)やってみようかな」と笑顔で答えた。

 大谷には現在、2つの自宅がある。1つはアメリカに、そしてもう1つは都内のタワーマンションだ。

「2018年の春、都心近くのタワマン最上階の2LDKを、2億5000万円で購入しました。なんと現金一括払いだったそうですよ。11月21日に帰国してからは、基本的にこの新居で過ごし、たまに地元の岩手に帰っているようです」(スポーツ紙記者)

 25才まで待ってメジャーデビューすれば「200億円の大型契約も夢ではない」(野球評論家)と言われた大谷だが、1年でも早いメジャー入りを優先させ、2018年の年俸は6000万円というマイナー契約。アメリカでは家賃50万円と、メジャーにしては格安の家を借りている。

「現在の年俸こそ少ないですが、大谷選手なら2億5000万円は余裕でしょう。日本ハム時代最後の2017年は年俸2億7000万円。さらにメジャーへの契約金2億5000万円のほか、スポンサー契約もあります。それだけ稼いでいるのに、大谷選手は贅沢な暮らしに興味がないんです。車もアメリカでは一般的なセダンに乗り、ファミレスが大好きで、お酒もあまり飲まない。贅沢しないから、蓄えはたっぷりあるはず」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな野球一筋の大谷に飛び出した「結婚報道」は、大きな注目を浴びた。噂の相手は、2012年のロンドン五輪に出場した元バレーボール日本代表の狩野舞子(30才)。

 これまでは「2人が身につけているブレスレットがおそろい」「大谷選手の試合を狩野さんが観戦していた」といった共通点があるだけだった。しかし最近、狩野の“匂わせ彼女”のようなSNSにファンがざわついている。

「12月13日、狩野さんが突然インスタグラムで“バドミントン始めました”と書き、動画を投稿したんです。大谷選手のお母さんは学生時代、バドミントンで国体に出場した経験があります。“アドバイスお待ちしております”というコメントも、お母さんへのアピールじゃないかと思っちゃって…。しかも彼女、里田まいさん(34才)や押切もえさん(38才)ら野球選手の奥さんがよく取っている『アスリートフードマイスター』の資格も取ったんです。“嫁支度”なんて声も出ていて…」(大谷のファン)

 大谷は年明けまで日本にいる予定。自宅で誰と、どんな年越しをするのか。

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン