スポーツ

大谷翔平、2.5億円タワマン最上階物件を一括購入も贅沢せず

12月中旬、大谷はスマホで誰かと連絡を取りながら外出

 その年にスポーツ界で多大な実績を挙げた個人や団体に贈られる「毎日スポーツ人賞」。イチロー、高橋尚子、羽生結弦など錚々たる面々が受賞してきたが、2018年グランプリを受賞したのは、米ア・リーグで新人王に輝いた大谷翔平選手(24才)。12月13日の表彰式で大谷は副賞の本まぐろを目の前にして戸惑ったが、自宅に送ってもらえることがわかると、「頑張って自分で何か(調理を)やってみようかな」と笑顔で答えた。

 大谷には現在、2つの自宅がある。1つはアメリカに、そしてもう1つは都内のタワーマンションだ。

「2018年の春、都心近くのタワマン最上階の2LDKを、2億5000万円で購入しました。なんと現金一括払いだったそうですよ。11月21日に帰国してからは、基本的にこの新居で過ごし、たまに地元の岩手に帰っているようです」(スポーツ紙記者)

 25才まで待ってメジャーデビューすれば「200億円の大型契約も夢ではない」(野球評論家)と言われた大谷だが、1年でも早いメジャー入りを優先させ、2018年の年俸は6000万円というマイナー契約。アメリカでは家賃50万円と、メジャーにしては格安の家を借りている。

「現在の年俸こそ少ないですが、大谷選手なら2億5000万円は余裕でしょう。日本ハム時代最後の2017年は年俸2億7000万円。さらにメジャーへの契約金2億5000万円のほか、スポンサー契約もあります。それだけ稼いでいるのに、大谷選手は贅沢な暮らしに興味がないんです。車もアメリカでは一般的なセダンに乗り、ファミレスが大好きで、お酒もあまり飲まない。贅沢しないから、蓄えはたっぷりあるはず」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな野球一筋の大谷に飛び出した「結婚報道」は、大きな注目を浴びた。噂の相手は、2012年のロンドン五輪に出場した元バレーボール日本代表の狩野舞子(30才)。

 これまでは「2人が身につけているブレスレットがおそろい」「大谷選手の試合を狩野さんが観戦していた」といった共通点があるだけだった。しかし最近、狩野の“匂わせ彼女”のようなSNSにファンがざわついている。

「12月13日、狩野さんが突然インスタグラムで“バドミントン始めました”と書き、動画を投稿したんです。大谷選手のお母さんは学生時代、バドミントンで国体に出場した経験があります。“アドバイスお待ちしております”というコメントも、お母さんへのアピールじゃないかと思っちゃって…。しかも彼女、里田まいさん(34才)や押切もえさん(38才)ら野球選手の奥さんがよく取っている『アスリートフードマイスター』の資格も取ったんです。“嫁支度”なんて声も出ていて…」(大谷のファン)

 大谷は年明けまで日本にいる予定。自宅で誰と、どんな年越しをするのか。

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン