• TOP
  • 国際情報
  • 高校でスポーツ刈りを強制され涙を流した生徒が自殺

国際情報

2018.12.30 07:00  NEWSポストセブン

高校でスポーツ刈りを強制され涙を流した生徒が自殺

日本でもかつて丸刈り強制はあったが…

 中国陝西省西安市の高級中学校(日本の高校に相当)に進学した15歳の少年が10月、教師に軍隊式のクルー・カット(いわゆるスポーツ刈り)を強要され、いったんは拒否したが、最終的に拒み切れず、長髪を切らざるを得なくなった。

 しかし、少年は散髪した後、家族に「こんな髪型では格好悪くて、外を出歩けない。もう、いやだ」などと涙を流して訴え、1週間後に市内の高層マンションの屋上から飛び降りて自殺してしまったことが明らかになった。中国では最近、学校側の規則を拒否して、自殺を図る生徒が増えているという。西安日報など中国メディアが報じた。

 両親は長男が自殺した原因は長男の担任教師がスポーツ刈りを強制したことだと学校側に抗議。そのうえで、学校側の謝罪と賠償金120万元(約2000万円)を要求した。

 しかし、学校側は「スポーツ刈りと自殺の関連性は薄い」「高級中学校に進学したことで、慣れない環境に適応できず、精神的に不安定になったことで、生徒は自殺した」などと主張して、謝罪と賠償金の支払いを拒否した。

 このため、両親は西安市の地方裁判所に学校側を提訴。学校側は当初、両親と徹底的に法廷で闘うとしていたものの、徐々に軟化し、示談に持ち込む構えを見せている。

関連記事

トピックス