スポーツ

巨人・丸佳浩vs広島ファン 「カネの亡者は許さんけぇ」

難敵は元・身内(時事通信フォト)

 広島から巨人へFA移籍した丸佳浩(29)は、新天地でも躍動するのか。カギはスタンドにある。

「丸が最も気にするのは“古巣のファン”でしょう。巨額のカネが動いただけに、激しい野次が飛ぶことになる」(スポーツ紙デスク)

 5年総額35億円(推定)の大型契約を結んだ丸は、すでにネット上で「カネの亡者」と書き込まれ、広島時代のユニフォームは「赤い雑巾です」と出品された。「丸はセンターで外野席に近い。東京ドームでも観客席を真っ赤に染めるファンの野次が最大の難敵」(同前)とみられているのだ。

「カープ芸人」として知られるザ・ギースの尾関高文は語る。

「“卒鯉”だと納得しようとしていますが、丸さんのことは長所も短所もすべてわかっています。元カープ監督の達川光男さんが、ソフトバンクのヘッドコーチとして日本シリーズで丸さんを完全に封じましたが、その達川さんが弱点をカープ首脳陣に伝授するといわれています。“丸さんに(移籍を)後悔させたい”という気持ちで一丸となって戦いたいですね」

 両チームの対戦はマツダスタジアムでのリーグ開幕戦(3月29日)。血の色に染まった外野スタンドから飛ぶ憎悪の怒号は、打球よりも厄介だ。

※週刊ポスト2019年1月11日号

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン