スポーツ

岡田彰布氏「人材難でも鳥谷敬をショートに戻すのはあかん」

「FAで獲った西はどうなんや…」(時事通信フォト)

 昨シーズン、17年ぶりに最下位へ転落し「ダメ虎」となった阪神タイガース。新監督が就任した2019年シーズンは、復活なるのか。1985年の日本一に貢献し、2005年には監督として阪神をリーグ優勝に導いた岡田彰布氏(61)は、戦力の不透明さを嘆く。

「元エンゼルスの新外国人マルテ(27)が4番候補だというが、外国人だけはようわからん。ロサリオにはすっかりダマされたからなぁ……。キャンプの時点では1年間4番を打つと完璧に思ったんやけどな。

 投手でいえば、中日からガルシア(29)を獲得したのは大きいわな。ただオリックスから来た西(勇輝、28)は、去年は10勝13敗なんやろ。10勝って13負けるんだったら3勝0敗の投手の方がええやろ」

 岡田氏が説くのは守備の重要性だ。

「守りは野球の基本? そらそうよ。俺は守って勝つ考えやけど、そのためには守備は固定せなアカンと思うよ。特に二遊間はね。それが人材難とはいえ、鳥谷敬(37)をショートに戻すらしいと。それはあかん。二遊間でいえば、若い大山(悠輔、24)あたりは期待できると思うがな」

 岡田氏は阪神を3位と予想。優勝予想は“宿敵”の巨人だった。

「巨人は4年間優勝を逃して、絶対に優勝せなアカンいうのがあるからな。やはり広島から丸佳浩(29)が入ったのは大きいと思うで。本命は巨人と広島で、そこに阪神とDeNA、ヤクルトがどう食い込んでくるかやろうな」

 大物の“激辛”予想は古巣への愛ゆえか。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン