国内

遅れてきた地方の半グレ 東京からのUターン組が跳梁跋扈か

地方の繁華街を我が物顔で跋扈し始めた半グレ

 数年前から、他拠点居住や地方移住が高齢者だけでなく若者の間でも話題だ。技術や知識を身につけた人たちが、都市部から地方へと広がっていくのは喜ばしいことだ。ところが、”半グレ”というありがたくない特殊技能を地方へ持ち帰る迷惑な流れがいま起きている。ライターの森鷹久氏が、取り締まりが厳しくなり都会にいられなくなったUターン半グレに混乱させられている地方の苦悩についてレポートする。

 * * *
「アッチで偉くなって帰ってくるならまだしも…。とんでもなか連中さ!」
「私たちを田舎者と思って舐めてるんでしょう。実際に警察も手出しが出来ん」

 九州北部某市の居酒屋でこう捲したてるのは、地元A商店街の幹部を務める正木太郎さん(仮名・60代)と、同じくA商店街でスナックを経営する水田洋子さん(仮名・50代)だ。2018年もいよいよ終わり、最後くらい穏やかに飲めばいいものの、彼らはいったい何に怒っているのか。

 遡ることちょうど一年前。

 水田さんの経営するスナックで、常連のXさんが二~三名の若者客に殴られるという“トラブル”が起きた。連絡を受け、水田さんが駆け付けると、顔を腫らした、血だらけのXさんが横たわっていた。

「若い子たちは18~20歳くらいの金髪、いかにも“不良”って感じで店の中にまだいたんです。すぐに警察を呼ぼうってことになったけど、Xさんが勘弁してくれ、と」(水田さん)

 実はこの常連客のXさん、元々は地元の暴力団に所属し、地元の祭りや商店街の催しなどを取り仕切るような立場にいた人物であった。昔風にいうところの「田舎のヤクザモン」であり、今ほど暴力団に対する風当たりが厳しくなかった時代背景もあってか、Xさんの顔は広く、だれもが「〇〇組のXさん」と慕い、また畏れた。

 そんなバックグラウンドを持つXさんだからこそ、数人の子供に袋叩きにされ警察沙汰になるとは、プライドが許さなかったのかもしれない。この件は事件にはならず、知る人ぞ知る「酒場のトラブル」として忘れ去られるかに思われたが、間もなく、同様のトラブルが起きたのである。

「また同じ連中が別の居酒屋で客を殴ったんです。今度の被害者は、地元の土建屋の社長さんですね。コッチ(暴力団)ではなかですが、彼らとは付き合いもあるし、地元では有力者です。さすがに気が付きましたね。ああ、こいつら“そういう人”ばっかり狙いよるな、と」(正木さん)

 正木さんの読みどおり、“そういう人”たちを繁華街から暴力で追い出して、指定暴力団なら法律や条令で禁止されていること、たとえば、みかじめ料の徴収などを始めた。

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン