• TOP
  • 国内
  • 4月30日までに天皇・皇后両陛下がお出ましになる場所リスト

国内

2019.01.16 07:00  週刊ポスト

4月30日までに天皇・皇后両陛下がお出ましになる場所リスト

退位まで約4か月(写真/JMPA)

 退位後の天皇・皇后両陛下は公務をすることなく、「二重権威」への懸念から、一般参賀や園遊会にも出席しないとみられている。その姿を目にできる場は、大きく減ることになるのだ。

 1月2日に皇居で行なわれた「新年一般参賀」には、平成最多の約15万5000人が足を運んだ。当初は5回の予定だったが、あまりの人出に、両陛下の意向もあって2回追加された。だが、三が日に皇居を訪れることができた人はそれでも限られている。そこで、退位までの残り4か月の間に、両陛下を”一目でも拝する機会”をまとめた。

◆静養中に御用邸裏の海岸へ

 例年、1月下旬からお2人は葉山御用邸(神奈川県葉山町)での静養に入る。「今年は1月21日からだと見られています。葉山に向かう道中、神奈川県横須賀市にある観音崎公園に立ち寄り、戦没者の慰霊碑に花を手向ける予定です」(皇室記者)

 先の大戦の慰霊訪問は、両陛下が最も重要視してきた務めの1つだ。退位の年を迎えても、その姿勢は変わらないようだ。

「葉山御用邸滞在中には、御用邸裏の小磯の鼻と呼ばれる海岸を散策するのが恒例です。例年は御用邸に到着した日の午後ということが多いのですが、今年は観音崎公園を訪問する予定もあるので、翌日にスライドする可能性もあります。小磯の鼻では、直接言葉を交わすチャンスがあるかもしれません」(同前)

 静養中、早朝に御用邸周辺の公園などを散策することもある。

関連記事

トピックス