芸能

客入り報道だけでは決してわからない沢田研二ライブの凄さ

現場に行かないとわからない沢田研二コンサートの凄さとは?

 全国ツアー『OLD GUYS ROCK』の終盤を迎えた歌手・沢田研二(70)が1月19日から21日まで日本武道館で3日連続公演を行なった。

 空席が目立ったことを理由に昨年10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演をドタキャンした騒動があったことで、1万人前後を収容できる武道館ライブは図らずも世間の注目を集めることになった。

 メディアはこぞって客入りを話題の的にしたが、著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で沢田研二についても言及している芸能研究家の岡野誠氏はどう見たのか。岡野氏が、別の角度から最終日1月21日のコンサートの様子をレポートする。

 * * *
〈──今年でデビュー26年。あと26年やると70歳ですが、それまでジュリーをやり続けるんですか?

「そうね、体力が続く限りはやれると思うけどね。でも、相撲取りといっしょ(笑)。稽古する気力がなくなれば、おしまい。その時は、ジュリーを簡単に投げ出しちゃうかもしれない」〉(『VIEWS』1992年7月8日号)

 1991年5月14日の引退会見で生まれた、横綱・千代の富士の「体力の限界……気力もなくなり、引退を決意しました」というコメントを想起させるような例えを出し、1992年の沢田研二は70歳を迎える頃について語っていた。

 あれから26年半──。ジュリーは今も歌い続けている。

関連記事

トピックス

羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
懸命なリハビリが続く西川史子
【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態
女性セブン
騒動はどのような結末を迎えるのか(左から田中将大、安楽智大/時事通信フォト)
《楽天・安楽智大がパワハラで自由契約》田中将大にも波及するなか、スポーツ紙が削除していた「文言」
週刊ポスト
女児が転落したとされたジャングルジム
「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分
NEWSポストセブン
河村建夫・元官房長官が機密費に関して重大証言
【全文公開】河村建夫・元官房長官、馳浩氏の“機密費を五輪招致に使用”発言に重大証言 「ああいう形で大っぴらにするのはマズイ」
週刊ポスト
アン・シネ
日本ツアーにアン・シネが戻ってくる! QTはパンツスタイルも、来季は「膝上30センチのミニスカ」が復活濃厚
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
上目遣いショット(インスタグラムより)
加護亜依、ぶっちゃけトーク連発の“衰えないバラエティースキル” 刺激的な発言でネット番組のスターになるか
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)
記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
NEWSポストセブン