「いろんな方から『痩せたんじゃない?』とか言われるんですけど、『痩せろ』ってことだろうなと」

 観客の爆笑を誘った後、意外な話が飛び出した。

「全然、痩せる気もないんですけどね。風邪引いて、3週間、3食少し食べて薬飲んで寝ていたら、5キロくらい痩せて。思いましたよ、ヘルスメーター乗った瞬間、『やばっ。いけねえ、声に響く』」

 近年のジュリーは、若い頃と比べて体型が変わったことを揶揄されるが、声量を維持するためには一定以上の体重が欠かせないようだ。

 もちろん、全てのボーカリストが何キロ以上でなければならないという基準はないし、細身で声量のある歌手も存在する。この発言を言い訳と捉える人もいるかもしれないし、元来の体質もあるだろう。

 しかし、ジュリーの体のことはジュリーにしかわからない。試行錯誤を重ねた結果、ジュリーは声量を維持するための適切な体重を見つけたのかもしれない。

 ポロッと出てしまった『声に響く』という話を打ち消すかのように、

「(デビュー)51年目になるわけですが、もちろん私も努力いたしましたが、そんなに、そんなに努力してない。特に、若い頃なんか努力なんか微塵もしたことなかった。持って生まれたものだけでやっていました」

 と笑わせた。私は、この言葉を照れ隠しのようにも感じた。努力をしないでトップに立てるはずがない。70歳の今、鍛錬なしに全盛期と変わらない声量を保てるわけがない。とっくに喉が衰えを見せても不思議ではない年齢なのだ。

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン