国内

パンセクシャルの男性「だからこそ自信が持てる部分がある」

渋谷区で開催された『東京レインボープライド2018』(時事通信フォト)

 今年もバレンタインデーの季節がやって来た。デパートやコンビニには専用コーナーが設けられ、年に一度の「女性から男性に告白する日」に街は色めき立つ。

 製菓メーカー・ロッテの調査では、3人に1人が「バレンタインに愛の告白を意識する」という。夫にチョコを渡し、この日だけは結婚前の甘酸っぱい気持ちを思い出す人もいるだろう。恋のときめきは、いくつになっても色褪せることはない。

 だが、その恋愛の形が、今、若者を中心に多様化している。LGBTを支援する認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表の松中権さんはこう指摘する。

「ここ2年ほどで、“性は多様”という意識が世の中に浸透し、メディアでも適切に表現されるようになってきました。今、社会がセクシャルマイノリティー(性的少数者のこと。以下、セクマイ)を取り巻く環境は過渡期にあり、これまで存在していても見えていなかったセクマイの存在が“見える化”され始めています」(松中さん)

◆結婚後にカミングアウトすると夫は「やっぱりね」とだけ言った

 昨年、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は男性同士の恋愛を描いて大ヒット。経済評論家の勝間和代さん(50才)は本誌・女性セブンで、同棲するレズビアン女性とのなれ初めを堂々と語り、大きな話題を呼んだ。

 電通ダイバーシティ・ラボが実施した「LGBT調査2018」によると、LGBTに該当する人は8.9%だ。さらに「LGBTを知っている」と答えた人は68.5%で、2015年の同調査から30ポイント以上アップした。

 性的少数者への差別禁止を盛り込んだ東京都の人権尊重条例の可決や、同性のカップルを結婚に相当するパートナーとして公認する「パートナーシップ制度」の導入も全国の自治体で進む。

 その一方で、昨年は、杉田水脈衆議院議員(51才)のLGBTカップルに対する「生産性がない」発言が大炎上し、議論を巻き起こした。

 LGBTの普及活動を行う現役女子高生でレズビアンの都城魔夜(みやしろまや)さんも、世間の「逆風」を受ける1人だ。

「親にカミングアウトしたら、『気持ち悪い』と言われました。今は1つ年上の彼女がいますが、知り合いの目を避けて遠くまで行かないとデートできない。理解してくれる友達もいますが、“性別は男女だけ”“恋愛対象は異性だけ”と考えている人たちには、差別的に見られていると感じることもあります」(都城さん)

 セクマイの人々にとって性別は「男女」だけではない。「トランスジェンダー」や「Xジェンダー」など出生時の性別とは異なったり、性別に縛られずに生きる人もいる。恋愛相手の対象も「異性」だけではないし、「同性」とも限らない。

 埼玉県在住の吉野愛さん(40才)は、すべての性的指向者を性的な対象として見ることができる『パンセクシャル』を公言している。高校時代にLGBTの存在を知り、学校やネットを通じてさまざまな出会いを繰り返した。

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン