国内

いじめ受けた小2娘と心中、もがくほどに母は孤独を深めた

母親は孤独を深めたという(イメージ写真/アフロ)

 2018年11月29日夜、宮城県仙台市内の一軒家に、サイレンを消した2台の救急車が駆けつけた。周囲には規制線が張られ、一帯は物々しい雰囲気に包まれた。

「この家に住む小2の長女Aちゃんと母親が死亡しているのを、帰宅した父親が発見しました。遺書がなく、部屋に荒らされた形跡もないことから、県警は無理心中と判断したのです」(全国紙社会部記者)

 Aちゃんの通う小学校の父母に児童の急死を知らせる通知こそあったものの、それ以上の説明はなく、母娘の死は忘れ去られようとしていた。事態が急転したのは今年1月19日。父親が、Aちゃんの遺したメモを手に会見を開いたのだ。

《しにたいよ しにたいよ なにもいいことないよ わるいことしかないよ いじめられてなにもいいことないよ しにたいよ しにたいよ》

 メモ用紙いっぱいに鉛筆書きの平仮名で「しにたい」の4文字が繰り返されていた。

「父親は、『娘は同級生からいじめを受けており、母親もいじめへの対応で体調を崩して友人づきあいが減った』と明かし、そのうえで『学校に繰り返し相談したが、表面的な対応が続いた』として無理心中の責任は学校にあると訴えました。メモは昨年の7月にAちゃんが書いたものだそうです」(前出・全国紙社会部記者)

 いじめが社会問題となって久しい。警察庁の発表によれば2016年には320人の小中高生がいじめを苦に自殺した。しかし、母子心中は前代未聞だ。

 わが子を守り、育ててきたはずの母親がなぜ娘とともに、自らも命を絶ってしまったのか──。一家の住んでいた仙台へ向かった。

◆死んでしまいたいくらいのつらさ、不安があるんだね

 Aちゃん一家が住んでいた仙台市泉区の一角は、仙台駅から車で30分ほどの新興住宅街。周囲には豪邸が数多く、駐車場には高級車が並ぶ。

「Aちゃん一家は、4年ほど前に引っ越してきたと聞いています。お父さんは市外まで働きに出ているようで、お母さんは専業主婦。旅行に行くと、必ずお土産を買ってきてくれるような、心配りをしてくださる律儀な人でした。一家はとても仲がよく、すれ違うと、いつも笑顔で挨拶してくれました」(近隣住民)

 クラスの中でもAちゃんは活発な児童だったという。

「地元で名門といわれる幼稚園出身のAちゃんは、小学校でも優秀でした。授業参観では、先生の質問に毎回手を挙げて、答えるたびに笑顔で後ろのご両親を振り返り、ご両親もうれしそうにうなずいていました。

 国語の授業では、『先生、その漢字まだ習っていないから、ひらがなでいいと思う』と指摘するほどで、“うちの子と全然違うな”と感心したほどです。そんなに利発聡明だったAちゃんや、教育熱心だったお母さんがどうしてあんなことになったのか、私にはどうしてもわかりません…」(同級生の保護者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン