• TOP
  • ビジネス
  • 三菱自動車 パジェロSの復活こそ「らしさ」を取り戻す好機

ビジネス

2019.02.11 07:00  NEWSポストセブン

三菱自動車 パジェロSの復活こそ「らしさ」を取り戻す好機

タイのモーターショー(2017年)でも展示され現地で人気のパジェロスポーツ(EPA=時事)

 2018年、久々の新型車となるSUV「エクリプスクロス」を発売した三菱自動車が、近い将来、さらに商品ラインナップを増強するという話が急浮上している。新たに投入されるとみられるモデルは、海外市場向けに販売されていた本格SUVの「パジェロスポーツ」だ。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏は、パジェロの日本復権こそ三菱のブランド戦略にとって大きな意味を持つと指摘する。その理由とは──。

 * * *
 パジェロといえば、クロスカントリー4×4(四輪駆動車)ファンなら誰でも知っているであろう、三菱が生み出したSUVの老舗モデルだ。乗用車ベースのSUVと異なり、大きな入力への耐性が高いフレームボディという構造を持ち、泥道や砂利道といったレベルを越えた悪路、道なき道を行くためのオフロードモデルである。

 では、そのパジェロにスポーツが付く、パジェロスポーツとは、どのようなモデルなのだろうか。

 端的に言えば、パジェロスポーツは本家パジェロとは別系統のモデルだ。1996年、日本市場に「チャレンジャー」の名で投入された初代はパジェロの車台を流用して作られていたのだが、日本での販売が中止された後、海外で販売されていた2代目、そして2015年に発売された現行の3代目は、ピックアップトラックの人気モデル「L200」をベースに作られたものだ。

 3列シートモデルを装備可能な点はパジェロと同じだが、車体の大きさ、および全備重量はパジェロよりひとまわり小さい。また、ルーフが低いのも前出のチャレンジャー時代からの伝統だ。パジェロがひたすら頑強さ、生存性などを追求したモデルであるのに対し、パジェロスポーツはややファッション寄りのモデルと言えるだろう。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス