• TOP
  • グラビア
  • 女優・結城モエが語る篠山紀信氏との「はじめて」の体験

グラビア

2019.02.11 16:00  NEWSポストセブン

女優・結城モエが語る篠山紀信氏との「はじめて」の体験

結城モエ、高尾美有、松井りなの3人

「この写真集の中には、私にとって本当の“はじめて”が収録されています。それが岡本太郎さんの作品との一枚です」

 そう語るのは、昨年12月に篠山紀信氏撮影の写真集『premiere moe yuuki』を発表した、キャンパスクイーン卒業生の女優、結城モエ(慶應義塾大学法学部卒)だ。

 写真集のタイトルにはフランス語で“はじめて”を意味する『premiere(プルミエール)』が名付けられた。1月23日にはそのスペシャル版『premiere ラ・リューシュの館』も発売。アートの聖地・清春芸術村(山梨県北杜市)を舞台に数々の著名な芸術作品と結城モエ、高尾美有(帝京大学経済学部卒)、松井りな(中央大学文学部卒)の3人が繰り広げるかつてない写真集。そんな“はじめて”尽くしの写真集について、結城が撮影秘話とその魅力を語った。

 * * *
 12月に発売されたソロ写真集は、自分をどう見せればいいかとか、篠山先生にどう見せればいいかとか考えていました。でも今回の写真集は3人とも主役なので、映画やドラマのように自分の役割がある。篠山先生は、ひとつの作品のストーリーを頭の中ですべて組み立てていて、(ソロ写真集とは)異なる撮影方法だったのでたいへん勉強になりました。

 ドラマの撮影も重なっていたので2人(松井と高尾)が泊まり込みで撮影に集中できる環境の中、私だけ日帰りでの参加でした。世界観が強烈だったこともあって、1回帰って切り替える時間があったのは、いまから思えば、とても助かりました…それでも泣きながらスタッフさんに電話してしまうくらい精神的に疲弊していましたが…(笑)

(周囲の反応は)親戚や友人など、昔から私のことを知ってる人からは「私の知らないモエがいる」と感想をもらえて、すごくうれしかったです。逆に私のことを知らない人が見てくれたときに、どんなこと思うのか気になるので聞いてみたいです。

◆『premiere ラ・リューシュの館』の発売を記念して2月24日19時~「SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED TOKYO 1999」にて、写真家の篠山紀信氏と、結城モエ、高尾美有、松井りなが登壇するトークイベント&サイン会を開催。詳細は、TSUTAYA BLOGにて(https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12434114691.html)。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス