芸能

関ジャニ∞安田章大、完全復活の打ち上げでのほろ酔い姿

古田新太らとの飲み会に合流した安田章大

 昨年7月、脳腫瘍の一種である髄膜腫の摘出手術を受けていたことを明かした関ジャニ∞の安田章大(34才)。さらに、“立ちくらみ”による転倒で背中と腰を骨折し、全治3か月の大けがも負っていた。そこから完全復活を果たした安田の元気な姿をキャッチした──。

 手術や大けがを経て明らかに変わったという。ファンに酷評された、そり込みをいれたワイルドな髪形もその1つ。

 きれいなものを見せ続けるより、不完全であってもリアルな自分を見せる方が人間らしいと思うようになった。自分の気持ちを押し殺さず、言いたいことはすべて言うべきだと素直になれた。ただ、その日は以前と変わらない彼らしい姿を、久しぶりに見せていた──。

 2月14日、新国立劇場(東京・渋谷)からほど近い、魚を中心とした創作料理が有名な居酒屋の座敷で、男女数名のグループが盛り上がっていた。飲むことも食べることも忘れて、熱い演劇論を交わしている。

「古田新太さん(53才)や成海璃子さん(26才)ら5~6人のグループでした。“あの場面はウケた”“あそこのテンポはどうだ”など、ポンポン言い合っている雰囲気でした」(居合わせた客)

 それから約1時間後の午後10時すぎ、ひとりの男性が合流した。関ジャニ∞の安田章大だった。

「安田さんも“この作品がいかに大事か”など熱弁していて驚きました。テレビではそういうキャラに見えなかったので。時折、“やっぱりお酒は飲んでしまうなぁ”と話し、おいしそうに焼酎を飲んでいてうれしそうでした」(前出・居合わせた客)

 以前はスタッフでも共演者でも誘われたらフットワークも軽く飲みに行っていたという安田だが、手術後は体調管理のために酒席を断ることも多かったという。お酒を控え、壮絶なリハビリを続けてきた。しかし、この日は違った。

 閉店時間まで約3時間、宴席がお開きになるまで、安田が席を立つことはなかった。

 現在、安田は新国立劇場で公演中の音楽劇『マニアック』に出演している。『マニアック』は、ブラックな笑いに満ちた音楽劇。古田演じる人体改造実験を繰り返す病院の院長と、その娘の成海、成海に恋する植木職人の安田が物語を繰り広げる。

「音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でも共演する古田さんからの熱烈なオファーを受けての主演だったようです。“今”や“生”にこだわる安田くんにとって、この舞台は本当にやりたい仕事の1つだと快諾したようです」(舞台関係者)

 舞台前にはまだ不安な要素もあったと30代の女性ファンは語る。

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
女性セブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト