芸能

追悼・平成のスター 佐藤蛾次郎が語る渥美清さんの思い出

渥美清さんは1996年、68歳で亡くなった(共同通信社)

 平成の世が始まると同時に、昭和を華々しく駆け抜けたスターが相次いで亡くなった。“漫画の神”手塚治虫(1989年〈平成元年〉2月9日死去)や“昭和の歌姫”美空ひばり(1989年〈平成元年〉6月24日死去)、カリスマ的な人気を誇った俳優・松田優作(1989年〈平成元年〉11月6日)らが平成元年にこの世を去ったのは、昭和という時代の終焉を象徴する訃報といえた。

 医療が飛躍的に発達し、「人生100年時代」が謳われるほど国民の平均寿命が堅調に延びる一方で、平成という時代の中で眩い輝きを放った尾崎豊(享年26、1992〈平成4〉年4月25日死去)や飯島愛(享年36、2008〈平成20〉年12月死去)、小林麻央(享年34、2017〈平成29〉年6月22日死去)など、その早すぎる死に多くのファンが涙した。

 1960年代から1990年代まで、長らくお正月コメディとして親しまれた映画シリーズ『男はつらいよ』で共演した俳優の佐藤蛾次郎に、1996年に亡くなった主役の寅さんこと渥美清さんとの思い出を聞いた。

「渥美さんにはよく食事をごちそうになったし、かわいがっていただきました。最初の出会いはフジテレビの『男はつらいよ』(1968~1969年)。山田洋次監督に、寅さんの弟分役で出演させていただいたのが始まりです。

 訃報を聞いたときは信じられなくてね。その日夕方のテレビ番組に生出演してから、各メディアの取材を受けました。そこで初めて実感がわいて悲しみがこみ上げてきた。いつだったか忘れたけど、渥美さんが費用を出してくださり山田監督、倍賞千恵子さんらとタヒチに遊びに行ったことがある。完全にプライベート。あのときは楽しかったね」

※週刊ポスト2019年3月1日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト