• TOP
  • 国内
  • 洗濯代行サービス創業の女性社長、次なる目標は宇宙進出

国内

2019.03.10 07:00  女性セブン

洗濯代行サービス創業の女性社長、次なる目標は宇宙進出

日本初上陸の洗濯代行店「WASH&FOLD」を展開する「アピッシュ」代表取締役の山崎美香さん

 東京・中目黒の高架下。白で統一された店内にはグリーンの観葉植物が生い茂り、お洒落なカフェと見紛うほどだ。

 スタッフに元気よく挨拶しながらその場に現れたのは、「アピッシュ」代表取締役の山崎美香さん(49才)。

 山崎さんが全国25か所で展開する「WASH&FOLD」は、日本初上陸の洗濯代行店だ。顧客の洗濯物を集荷し、洗濯・乾燥して畳んで返すサービスが大人気で、今やマンションやホテルからもお呼びがかかる。

 創業者の山崎さんは、東京都足立区に生まれた。本人いわく、中学生の頃は「日本一の不良」を目指す札付きのワルで、全寮制高校を1か月で退学してからはバイトと住居を転々とした。

「組織でまともに働くことがどうしてもできず、身内でカフェやケータリング事業をやっていました」(山崎さん・以下同)

 2004年秋、ケータリングの視察で出かけたアメリカで洗濯代行サービスに出合った。洗濯が苦手だった山崎さんは、ふわっとした仕上がりとキレイな折り目に魅せられて、帰国後すぐに起業。「洗濯は自分でするもの」との常識を打ち破って大成功を収めた。

 そんな彼女の願いは、業務を通じて日本の女性に「豊かな時間」を提供することだ。

「日本の女性は働いていても完璧に家事や育児をこなしますよね。自分ができないから“すごいな”と思うけど、“疲れたな”という時は代行サービスを利用してもいいはずです。洗濯代は贅沢なお金ではなく必要経費と割り切り、空いた時間を家族や自分のために有効利用して、生活を豊かにしてもらえれば」

 起業して感じたのは、意外にも「女性の壁」だった。

「家事で楽をすることに罪悪感を持つ女性も多い。日本では、家事は女性の仕事だというイメージを持つかたも多いとは思います」

「WASH&FOLD」は、「家事は男女平等に行うもの」という山崎さんの理念のもと、従業員に男女の区別はなく、ユニフォームはすべて同じ。異性が競い合うことも、同性がマウントを取り合うこともない職場を目指す。

「女性がバリバリ働くことは決して悪いことじゃないけど、そうした女性がオジサンのように威張り散らすことは、無理に男の人のまねをしているようで嫌なんです。

 男性も女性もなるべくナチュラルでいることができて、チャンスが平等に与えられる組織が理想。誰もが気負うことなく、自然体で自分らしくいられたらいいですね」

 そう微笑む山崎さんの次なる目標は「宇宙進出」だ。

「お金を払って宇宙を旅行するのではなく、仕事として宇宙を訪れて、いろいろなものを身につけることが昔からの夢。ミーハーみたいに見られるのはイヤですけどね(苦笑)」

 無重力の緩やかな感じがこの女性社長にはよく似合う。

【プロフィール】
株式会社アピッシュ代表取締役 山崎美香(やまざき・みか)●1968年、東京都出身。埼玉県の公立中学校を卒業後、静岡県浜松市の私立高校に進学するも、1か月で退学。アルバイトを転々としたのち、1995年にアパレル関係の個人事業を開始。1998年7月、有限会社アピッシュを設立(2006年に株式会社へ)。2005年、洗濯代行サービス「WASH&FOLD」事業をスタートし、現在に至る。

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事

トピックス