ビジネス

キャッシュレス化の目的は税収確保 飲み食い経費も詳らかに

キャッシュレス化で資金の流れがより捕捉されやすくなる

 昨年末から急に騒がしくなってきたキャッシュレス化の動き。火をつけたのは、ソフトバンクとヤフーの両社によって2018年6月に設立されたPayPayだ。競合するLINE Payや楽天ペイ、d払い、Origami Pay、Kyashなども次々にポイント還元などのキャンペーンを行い、まさに乱戦模様になっている。政府も消費税増税を前にキャッシュレス化を推進しているが、その狙いは単に利便性の向上だけではない。神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏がレポートする。

 * * *
 政府がキャッシュレス化を推進する理由は、大きく分けて3つある。簡単にまとめると、1つは、インバウンド振興のため。次に、流通業者や金融機関での現金取扱業務に関わる費用の削減、そしてキャッシュレス化することによる消費データの共有・利活用などによる新産業の創出だ。

 政府は、2018年4月に経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」を発表し、その中で2025年にはキャッシュレス決済比率の達成目標を40%とした。さらに環境整備を行い、将来的には80%を目指すとしている。2018年8月には同省で「キャッシュレス推進協議会」も始まり、こうした政府のキャッシュレス化への取り組みに歩を一にするように、各社の動きも活発化してきたのだ。

◆狙いは税収確保?

 経済産業省が発表した資料によると、各国のキャッシュレス決済比率は2015年段階で40%から60%とすでに高い割合になっている。最も普及しているのは韓国でほぼ90%、中国は60%、カナダ、イギリス、オーストラリアなども50%を超している。

 じつはキャッシュレス化を政府が積極的に推進している国は、先進国ばかりではない。むしろ発展途上国の政府が積極的に取り組んでいる。銀行を利用できる人たちが少なく、現金決済率が高いこれらの国々では、収入や収益を政府が捕捉することが難しく、個人所得税はもちろん法人所得税も確定することも難しい。

 キャッシュレスにすることで、貧困層から富裕層までの資金の流れを捕捉することで、国家として必要な税収を確保しようということだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン