芸能

IKKO、スタッフに「また仕事をしたい」と思わせる気配り力

気配りの人、IKKO

「とにかく気配り力がすごい」──業界関係者の間でそう驚かれるのが美容家のIKKOだ。先日、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の現場で主演の菅田将暉が、豚汁作りを早朝の仕込みから手伝うなど気遣いを見せたことが報じられたが、気配り力を持つ芸能人は菅田だけではないようだ。

 IKKOは番組の共演者に対しては、直筆の手紙と自分自身が使って良かったものやおいしかったものを楽屋に届けることで知られるが、贈る相手は芸能人だけではなく、その日の番組に登場する専門家なども含まれる。

 以前、コメンテーターとして番組に出演していたことがある編集者は、「私のような者に挨拶をしてくれる芸能人など皆無です。番組のアシスタントのグラビアアイドルは『誰この人?』と思いながらも楽屋まで挨拶に来てくれますが、まさかIKKOさんがお手紙とプレゼントをくれるとは…」と語る。

 また、IKKOは、広告業界からも貴重な存在だという。過去にIKKOが登場した商品発表会に携わったPRスタッフはこう語る。

「クライアントの偉い人や広告代理店の部長のような人に丁寧なのはもちろんのこと、私のような現場の若手にも同様な態度で接してくれます。私の仕事はいかにたくさんのメディア露出をするかが評価のポイントなのですが、IKKOさんは、その点で最高なのです」

 日々行われている企業の商品発表会に登場する芸能人は、必ずしもCMに出演しているタレントばかりではない。最近は商品の世界観や特徴に合った人物をその日限りの「アンバサダー」として商品をPRしてもらうケースも多いのだ。

 取材に訪れる記者からすれば、業界記者を除けばその商品を紹介するのは二の次で、あくまでも芸能人の写真を撮りつつ、何か「おいしい」発言を引き出すことを狙いとしている。だからこそ、最近の恋愛事情を質問したり、話題になったニュースのネタをふったりするのだ。

 記事のタイトルとしては、例えば「女優・○○、逮捕された俳優・××について『あってはならないことだと思います』」といったものになる。ここには商品名は一切登場しないため、主催者たる企業とPRのスタッフとしては忸怩たるものがある。前出のPRスタッフはこう語る。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト