ライフ

「漫泊」提供の「マンガホテル」海外から予約殺到、何がウケたか

◇日本の漫画は言葉の壁を越えられる世界に誇るアート

 一歩足を踏み入れると、天井まで、壁一面に棚がズラリと並び、まるで漫画の森に迷い込んだよう──。

 今年2月、東京・神保町にオープンした『MANGA ART HOTEL,TOKYO』は、“漫画をテーマにした”ホステルだ。まだ開店まもないが、国内だけでなく、“日本の漫画”を目当てに訪れる外国人観光客も多いという。なぜ漫画のホテルなのか? 小さな頃は少年誌で、近年は電子書籍で多くの漫画を愛読してきた、代表取締役の御子柴雅慶さん(33才)に話を聞いた。

「ぼくは民泊が話題になる前から、海外50都市に、エアビーアンドビー(現地の人の家を借りて泊まるシステム)で滞在していました。その際、海外の人たちとより深くつながるために共通言語となるコンテンツが必要だと感じたんです。

 日本のことで、世界中が興味を持ってくれるものって何だろう? と考えた時、ドラえもんやポケモンはグローバルな人気がある。日本の漫画やアニメは、まさに世界に誇れるアートです。ぼくも子供の頃から漫画っ子でした。そこで、漫画を主軸にして世界に発信できるホステルを経営してみたいと思ったんです」

 現在は約20か国から予約が飛び込み、特にアメリカとドイツからの観光客が多いという。すべての漫画に、おすすめのコメントが日本語と英語で書いてあり、書評を発信するプラットホーム的な役割も担っている。

「漫画を“アート”として捉え、キュレーション選定にこだわっています。選ぶポイントは装丁のデザインと、内容がアートであるかどうか。“アート”の定義は、“心が揺さぶられるかどうか”。それを基準に5000タイトルの漫画を片っ端から読んで、600タイトルを厳選しました」

 本棚には、まさに絵だけで芸術的な世界を堪能できる『Sunny』(松本大洋・小学館)や『AKIRA』(大友克洋・講談社)など名作の保存版から、4月からドラマ化が話題の『きのう何食べた?』(よしながふみ・講談社)など、粒揃いの作品が並んでいる。映像化された話題作から、知る人ぞ知る玄人好みのタイトルまで、「あれも、これも」と手に取りたくなってしまうものばかりだ。

「欲しい漫画があったら、その場で購入することもできます。今後は漫画ソムリエを置いて、日本と世界をつなげていきたいですね」。『漫泊』は、新しい文化の発信地になりそうだ。

■MANGA ART HOTEL,TOKYO
住所:東京都千代田区神田錦町1-14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 4F・5F
https://mangaarthotel.com(予約はHPから)
料金:平日4800円、休前日・休祝日5800円(季節で変動)

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン