• TOP
  • ライフ
  • 嫁ハラの新たな形 セクハラに近い「姑の一言」が増えている

ライフ

2019.03.20 16:00  NEWSポストセブン

嫁ハラの新たな形 セクハラに近い「姑の一言」が増えている

「嫁ハラ」にもいろいろなケースがある(写真はイメージ)

「嫁ハラ」にもいろいろなケースがある(写真はイメージ)

 

「嫁ハラ」という言葉が話題になっている。世代の価値観、意識の違いを無視して、嫁に自分たちの考えを押しつけてくるなどの義理の父母からの「ハラスメント」を指すとされる。何でもかんでも「ハラスメント」になる風潮に息苦しさを覚える人も少なくないが、中にはセクハラに近いような「嫁ハラ」もあるという。ライターの高木希美氏がリポートする。

 * * *
「早く孫の顔が見たい」「そろそろ二人目は?」「女の子がいるから次は男の子を生んだほうが」──義父母から浴びせられる、そのような言葉に不快な思いをする女性は少なくありません。ただ、最近相次いで聞いたエピソードはもう少し踏み込んだもので、義母からのセクハラと言えるようなものでした。

 亜美さん(30代、仮名)は、昨年の春に第一子が生まれました。ご主人は広告代理店勤務。お子さんが7か月になる頃、ちょうどお正月を迎え、ご主人の実家に帰省することになりました。お正月は毎年、夫の実家に4日間滞在するのが“ルール”になっているそうです。

 そんな中、お正月に産後初めての生理が復活したというのです。

 産後初めての生理は、人それぞれですが重くて辛い人も多く、亜美さんもひどい生理痛と貧血症状に悩まされました。寒い中、長旅を経て義理の両親の家に着くなり、丁寧にお詫びしたという亜美さん。

「お義母さん、ごめんなさい、今年のお正月もお手伝いしたいのですが、産後初めての生理が来てしまって、どうしても今日だけ休ませていただけませんか。貧血もあって」

 その亜美さんに義母はこんなことを言ったそうです。

「あら。じゃあもう亜美さん避妊はしっかりしないとね。年子はかわいそうだから。2~3年あけてちょうだいね」

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス