• TOP
  • スポーツ
  • 江川卓氏 伝説となった「江川と西本」の本当の関係を明かす

スポーツ

2019.03.22 16:00  NEWSポストセブン

江川卓氏 伝説となった「江川と西本」の本当の関係を明かす

あのライバルとの関係を語った(撮影/松本昇大)

あのライバルとの関係を語った(撮影/松本昇大)

 元祖“怪物”投手、江川卓氏。高校時代は160キロは出ていたという逸話が残る彼の進路は当時、日本中の注目を集めた。球界の歴史に残る「空白の一日」騒動を経て1979年に巨人に入団。そんな彼の最大のライバルは他球団ではなく、同じ巨人軍にいた西本聖氏だった。ドラフト外で入団し、“雑草”と呼ばれた西本氏と江川氏のライバル関係を描いた漫画『江川と西本』(作/森高夕次、画/星野泰視)が連載されているビッグコミックスペリオール(3月22日発売号)で、なんと本人たちが登場した。そのインタビューの中から、江川氏が西本氏との関係について語ったエピソードを紹介しよう。

 * * *
──ドラフト騒動(空白の一日事件)を経て入団直後、チームはどのような雰囲気でしたか?

江川:やはり自分に対する雰囲気はかなり厳しかったですね。初練習の時、キャッチボールをしてくれる相手がいなくて……チームには大学時代からの知り合いの鹿取(義隆。元巨人GM)が一足早く入団していたんですが、声をかけることすら憚られましたね。鹿取が周囲に「江川派だ」と思われるのが申し訳なく思ったからです。自分のチームなのに「アウェー」な状態でしたから。そんなポツンとしてた僕に、声をかけて相手をしてくれたのが西本でした。

──当時の西本さんの印象は?

江川:西本とは高校時代に練習試合をしていたので認識はしてましたが、申し訳ないですが投手としての印象はほぼ無かったですね。でも入団直後、ブルペンで初めて西本のシュートを見て驚きました。左投手が投げるスライダーより曲がるんですよ。「これは打てないな」と思ったんです。でもそれは西本には言わなかった。今だから言えますね。もし褒めたら、西本が調子上げて勝ち過ぎちゃうでしょう?

──シーズンが始まって相手ファンからの野次が凄かったと聞きます。

江川:覚悟してたけど、とにかく壮絶でしたね。客席からモノが飛んでくることもあったけど、しようがないと思ってました。とにかく僕とのトレードで巨人から阪神に入団することになった当時のエース・小林繁さんを超えなければ皆には認められないし、何より小林さんに申し訳ないという思いでした。ドラフト騒動時、実家は朝6時から夜中の2時まで抗議の電話が鳴りっぱなしで、受話器取ったら「バカ野郎」って怒鳴られて……おふくろは黒い髪が真っ白になりました。だから一時はもうプロなんて無理だと諦めもした。それでも入団する以上は、色んなことが待ち受けてるだろうけど、絶対に揺らいではいけないと覚悟を決めました。

コメント 3

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス