• TOP
  • スポーツ
  • 復活の羽生結弦、ファン目線で追った帰国から世界選手権まで

スポーツ

2019.04.02 16:00  NEWSポストセブン

復活の羽生結弦、ファン目線で追った帰国から世界選手権まで

羽生結弦が出場した世界選手権会場外

 世界フィギュアスケート選手権で気迫あふれる演技を見せた羽生結弦(24才)。結果は銀メダルだったが、けがから復帰した五輪王者の滑りは世界中から注目され、23日に行われた男子フリーの中継は平均視聴率24.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。羽生の闘いをファンはどう見たのか。フィギュアスケート観戦歴23年の記者が、ファンの目線から見た羽生結弦を紹介する。

 * * *
 3月18日、羽生はさいたまスーパーアリーナで開催された世界フィギュアに出場するため、日本に帰ってきた。2018年11月のグランプリシリーズ・ロシア大会以来の公式の場での姿。ロシア大会で練習中に右足首を負傷し、グランプリファイナルと全日本選手権の欠場を余儀なくされ、姿を見せていなかった羽生が、日本に降り立ち、歩いている――。ファンは彼が歩いている姿を見るだけで、うれしくて涙が出てくるという。
 
 羽生が羽田空港に降り立ったとき、著者はさいたまスーパーアリーナで男子の公式練習を見ていた。もしかして今日の公式練習から参加するかもしれない――。そこにいたファンの間で、期待の高まりがあったが、羽生の姿はそこになかった。そして帰国した情報がツイッターで流れると、そこに彼はいなくても会場のボルテージが一気に上がった。

 ジュニア時代から羽生を応援し続けてきた40代女性は言う。

「テレビで動いているゆづが見られるだけでいい。彼がけがなく、元気で滑りきってくれたら、それだけで、もういいんです」

 試合で羽生を見られる機会はもう残り少ないかもしれない。しかも今回は日本開催。日本で彼の試合を見ることはこの先、どれだけあるだろう。それだけに日本での闘いの場に戻ってきたことがファンにとっては何よりも喜びだったのだ。

 フィギュアスケートの選手寿命は短い。ジャンプの着氷の際、足には体重の5~6倍の負担がかかり、来る日も来る日も練習を重ね、若い体にも大きな負担がかかる。多くの選手がけがに泣き、時には大切な試合の欠場も余儀なくされる。そうでなくても、技術進化の激しいスポーツ。若手は難度の高いジャンプを習得し、先に行くものをおびやかす。それに立ち向かい、現役を続けていくことは相当な精神力が必要だ。

 しかし羽生は五輪二連覇をしてもなお、そこに立ち向かう道を選んだ。成長を求め、誰も成し遂げていない4回転アクセルの成功へ意欲を見せ、現役続行を決意した。

 これは従来のファンはもちろん2018年の平昌五輪からファンになった人たちにとっては、うれしいことだった。アイスショーでの羽生ももちろん魅力的だ。しかし彼が最も光を放つのは、試合で鬼のような表情で氷の上に立つとき。闘争心にあふれ、勝つことへのこだわりを誰よりも見せる瞬間こそが、羽生の美しさが輝くのだ。

関連記事

トピックス