スポーツ

福浦、松坂、和田… 世代交代に逆らうおっさん選手の意地

一軍復帰は6月頃か(共同通信社)

 高卒のゴールデンルーキーたちが注目を集めている2019年プロ野球シーズンが開幕した。だが、必死に歯を食いしばって若手と争う“おっさんたち”も負けてはいない。野手の球界最年長はロッテの福浦和也(43)。昨年2000本安打を達成したが、それを花道にはせず、コーチ兼任ながら今シーズンも現役続行を選んだ。

「すでにシーズン終了後の引退を宣言しているが、グラウンドに出る前から約1時間のストレッチを行ない、試合後、若手や監督・コーチ陣が帰ってから、やっとトレーニングルームから出てくることもしばしば」(ロッテ担当記者)

 昨年、中日にテスト入団し6勝を挙げてカムバック賞を受賞した松坂大輔(38)を筆頭にした「松坂世代」も、徳俵で踏み留まろうと必死だ。

「松坂はキャンプでファンに手を引っ張られ肩を痛め、一軍復帰は6月頃と見られている。右肩には引っ張られたときの炎症だけでなく、昨年の疲労もあったのか、水も溜まっていたという。

 短い距離での投球を再開しているが、ソフトバンク時代の長期リハビリの苦い記憶から、焦って復帰を目指すのではなく一から肩を作り直すことに集中している」(中日担当記者)

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン