• TOP
  • 芸能
  • 勝新太郎 飲酒運転で検問ひっかかっても「俺だよ俺」で通過

芸能

2019.04.09 16:00  週刊ポスト

勝新太郎 飲酒運転で検問ひっかかっても「俺だよ俺」で通過

勝新太郎の破天荒ぶりは有名だった(共同通信社)

 かつて日本の芸能界には“破滅型のスター”が数多く存在していた。とりわけ強烈なのが、勝新太郎(享年65)だ。1978年にアヘン所持で逮捕。1990年にもハワイ・ホノルル空港で大麻所持で現行犯逮捕された。

 この際の会見では、悪びれもせず、「大麻がパンツの中に勝手に入っていた」と言い放った。すかさず「今後、パンツはどうするんですか?」と質問したのが、芸能リポーターの石川敏男氏である。

「それで『もうパンツは穿かない』という名ゼリフが飛び出したんです。予想外の切り返しで、面食らいました。勝新さんの遊び方はとにかく豪快。大映に給料を現金で貰いにいき、『おう、今日飲みに行くぞ』といって、みんなを連れて飲みに行く。

 飲酒運転なんて日常茶飯事だったね。勝さん、“みんな乗ってけ!”って自分で運転して酒飲みに行くんだもん。検問ひっかかっても“俺だよ俺”の一言で、通過してしまう(笑い)。何軒もハシゴして、それでも翌日はいい芝居を見せる。正真正銘の“役者バカ”でした」(石川氏)

 晩年も借金を重ねながら豪遊を重ね、返済せぬまま1997年に死去。残された借金は妻の中村玉緒が完済した。

※週刊ポスト2019年4月19日号

関連記事

トピックス