• TOP
  • 芸能
  • 滝沢秀明、土下座する勢いで営業 Jr.のブランド化目指す

芸能

2019.04.11 16:00  女性セブン

滝沢秀明、土下座する勢いで営業 Jr.のブランド化目指す

社長に就任したタッキー

 3月29日、『映画 少年たち』が公開された。少年刑務所を舞台にした、ジャニー喜多川社長が企画・構成・演出をしたミュージカルの映画版で、ジャニーズJr.(以下、Jr.)のSixTONES(ストーンズ)やSnow Manら人気グループが出演。3月29・30日公開作品の『ぴあ映画初日満足度ランキング』ではトップに輝いている。

 このところJr.は映画の他にもテレビや雑誌で存在感を高め、中でも注目されているのはSixTONESだ。

 アメリカ人と日本人のハーフでワイルドなジェシー(22才)や京本政樹(60才)の息子の京本大我(24才)、田中聖(33才)の弟・田中樹(23才)を含む、やんちゃな雰囲気の6人組は新世代のグループとして加速している。3月27日発売の『anan』では、メジャーデビュー前にもかかわらず表紙を飾り、即完売。緊急重版が決定した。

「昨年11月、まだ滝沢秀明さん(37才)が現役ながら彼らの楽曲『JAPONICA STYLE』のミュージックビデオをプロデュースしました。それまでの彼らはJr.の中でくすぶっていた原石でしたが、滝沢さんに見いだされ、まさに光を放ち始めました。滝沢さんの手腕ですが、すごいのはそこで終わらないところ。彼の活躍で、ファンからSixTONESだけを推しているように見えてしまってはいけないからと、別グループにさらに力を入れて営業していくんです」(スポーツ紙記者)

 滝沢は昨年末に芸能界を引退し、現在はJr.のプロデュース業に専念している。肩書は、株式会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長。1月15日に設立されたばかりのジャニーズ事務所の関連会社のトップとして、忙しい日々を送っている。

「社員10人を率いて、約300人のJr.を統括しています。当初、滝沢さんは“名刺を作ったのは初めて”と照れ笑いしていましたが、今ではすっかり慣れたものです。Jr.のブランド化を進め、デビュー組に負けないように、いろいろと手を打っています」(前出・スポーツ紙記者)

 その1つが、3月1日から始まったJr.の動画サイト『ISLAND TV』。コンサートや舞台、その裏側の他に、Jr.自身が撮影した動画が配信されている。

 もう1つが、Jr.だけのショップ構想だ。ジャニーズショップは原宿など全国4か所にあるが、それとは別に、Jr.だけのグッズを販売する専門店を立ち上げようとしている。

「ファンに身近に感じてもらえるようなオリジナルグッズを販売するそうです。その目玉の1つが、『ジャニーズJr.名鑑』で、すでに撮影済みです。気になるお店の場所は現在検討中だそうですが、6月中にはオープンする予定。その打ち合わせにも必ず顔を出しています」(テレビ局関係者)

 その名鑑は、商品としてだけでなく、滝沢の営業ツールとしても活用されるそうだ。

「滝沢さんは精力的にテレビ局やラジオ局、スポンサーなどに足を運び、営業活動を展開しています。名鑑は、そうしたところでも有効活用しているそう。個性豊かなメンバーを、名鑑を見せながら、“彼はどうですか”とPRしています。今までは歓迎される側でしたが、これからはそうはいかない。本人はそのことも理解していて、組織の責任者として何でもやるつもり。もともと頭が低い人ですが、今は土下座する勢いで営業されています」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2019年4月25日号

関連記事

トピックス