ライフ

「逆流性食道炎」 30年前と比べて罹患率10倍の“国民病”

たかが胸焼けと思っていたら…

たかが胸焼けと思っていたら…

 定年後はジムで汗を流すことを日課にしている65歳のA氏はトレーニング中、心臓に痛みを覚えた。健康には自信を持っていたA氏だが、狭心症や心筋梗塞ではないかと慌てて病院に駆け込んだ。

「総合病院の循環器科で検査を受けたのですが、なぜか消化器科の受診を指示された。下された病名は『逆流性食道炎』。心臓の病気とばかり思っていたので驚きました」(A氏)

 地元で詩吟サークルを主宰するB氏(72歳)も戸惑いながら話す。

「軽い咳が続いたり、朝、喉がかれていることがたびたびあった。風邪だと思って呼吸器内科のクリニックにかかったところ、逆流性食道炎によるものではないかといわれたんです」

 この病気に詳しい国立国際医療研究センター国府台病院の上村直実名誉院長が解説する。

「逆流性食道炎の典型的な症状は、胸やけや吐き気、ゲップのほか、酸っぱい液体が口に上がってくる呑酸が挙げられます。さらに、肺や心臓に痛みを感じたり、喘息のような咳が続くこともある。また、声がかれる、喉がヒリヒリするなどの違和感や、中耳炎や蓄膿症などの症状が現われることもあるなど、症状は多岐にわたります」

 消化器の病気でありながら、耳鼻咽喉科や循環器科、呼吸器科まで及ぶ幅広い症状を引き起こす。胃酸の成分に塩酸が含まれ、強酸性であるためだ。常に胃酸にさらされる胃は特殊な粘膜によって保護されているが、食道や喉、口など周辺の器官は長期にわたって胃酸にさらされると、粘膜がただれるなどの変化を起こしてしまう。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン